読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

ミラーレス一眼にpeak designのカメラクリップとハンドストラップを付けてみた

☆お気に入り☆ ☆お気に入り☆-持ち物 ☆お気に入り☆‐カメラ
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

カメラに付けた2つのアイテム

矛盾という言葉の語源になった話があります。韓非子ですね。

楚人有鬻楯與矛者。
譽之曰、吾楯之堅、莫能陷也。
又譽其矛曰、吾矛之利、於物無不陷也。
或曰、以子之矛、陷子之楯何如。其人弗能應也。
夫不可陷之楯、與無不陷之矛、不可同世而立。
今堯舜之不可両譽、矛楯之説也。

 そういうことですよ。うん。

楚の人で盾と矛を売ってる人がいた。その人が売り言葉でいうには「この盾はどんな矛の攻撃も止めちゃうぜ」といい「この矛はどんな盾でも突き通しちゃうぜ」という。ある人が「じゃあその矛でその盾を突いたらどうなるんだ」と聞くとその人はなんとも答えることができなかった。そもそも「なんでも貫く矛」と「なんでも止める盾」は一緒に存在なんてできないんですよ、って話から矛盾という言葉になったわけですよね。

でね。

最近僕がミラーレス一眼を買ったわけですよ、OLYMPUSのOM-D E-M5 Mark II。くよくよ悩むカメラ選びはこんな記事で。

 

www.nubatamanon.com

とりあえず使い始めて、首から下げるストラップを付けたんですが、重い。そしてレンズの重さで前に垂れるカメラ。レンズキャップは使い始めた日にいきなり失くしてしまったのでAmazonで紐がついてるやつ、購入。

このカメラ下の角っこが僕の腹筋を痛めつける(言い過ぎ)

そもそもカメラを持ち出すときはカバンを持って出るし、使うときは手に持つ(当然)もっと楽に使う方法はないものかと考えていたらちゃんとあるはずだ!

そして教えてもらったのが2つあったわけです。

カメラクリップ

一つ目、カメラクリップ。これは「黒いおっちゃん」ことLiab (id:varevo)さんが教えてくれたやつ。「Peak Design キャプチャープロカメラクリップ with PROプレート」この記事、絶対僕をターゲットに記事書いてるもん。

 ほらやっぱり。で、楽天アフィリエイトで40,000ポイントほど11月10日に入ってきたのでこれを購入。これがあったら首から下げる必要がなくなるからね。

ハンドストラップ

じつはハンドストラップは1つ購入して大失敗したやつです。某HAKUBA製のある商品を買ったんですが、ストラップ取付金具がレンズ側(前側)に付いていることもあって、ストラップに手を通したままだと指がシャッターに届かないんですよ。バックルもきっちり閉まってるので緩めるのも面倒だし、指を何本か抜いたら使えなくはないけど危なくてしょうがない=使い勝手がめちゃくちゃ悪い。

ああそうさ、おとなしくmacho(id:marsweexavi) さんのオススメ、ハンドストラップ「peak design クラッチ」を買っておけばよかったのさ。初日に間に合わなかったのでお出かけ当日に買って大失敗しちゃったやつです。

blog.marswee.com

そう、これも10日に入った楽天ポイントで購入。

で、2つとも「土日かつ18時から20時の間に配達」に指定。その時間なら絶対家にいますからね。楽天の荷物っていろんな運送便を使われるから不在だった時のあれこれが結構面倒くさいんですよね。最近は会社に送ってもらうのも社長の許可を貰ったのでできるようになったんですけど、会社の備品とかと間違えて開けられるときもあるので。

いや、怪しいものとかまったく買ったことありませんけど!!

ううん、今回は土日に到着しないと意味がない商品なので(平日カメラ持ち歩かないので)土日かつ夜に届くのがちょうど良かったんですよ。

えっと、商品の購入についてはウチの記事にはリンクを貼らないので是非前述のご両人のブログから購入してください(^_-)せめてもの気持ちです(笑)

で、このブログを書いている意味というのは冒頭の矛盾の話にちょっと戻ります。「ミラーレス一眼OM-D E-M5 Mark II にカメラクリップとハンドストラップをつけたらどうなるんだ」という話です(やっとタイトルの件かよ)

だってカメラを固定するためのクリップと手にもつためのストラップですよ?なんか「盾と矛」感があるじゃないですか。えっ、ない?あることにしようよ(結末が決まってるんだから)

到着、取り付け

時間内に郵便局のお兄さんが届けてくれました。

開封の儀は面倒くさいので適当に省略。要するにカメラの底に有るネジ穴があるじゃない、そこに固定具をねじねじして、そこから始まるドリーム!さあスタートだ。

届いたのはこれとこれ(カメラはお届け物に含まれておりません)

まず、固定するやつ(プレートというらしい)をカメラの底にくっつける。カメラクリップについてたプレートとストラップについてたプレートは大きさが若干違ったので、小さい方のストラップ用のプレートを付けることにしました。

このプレートからストラップにつながっている紐の所が絶品。

2番のプレートがカメラに固定されるでしょ、で、2番と3番を「くるりんぱ」としてくつけるわけですよ。で、3番の丸いところが1番の右端の丸い所にパチン!とハマるともう簡単には外れないんです(いや、やりかたによっては簡単に外れるのがすごい)

という説明の中の「くるりんぱ」しているのが見えますか?これがくるりんぱです(丸いのを通してるだけなんですけどね)

そしてこれがカメラクリップの要、クリップです。黒い丸い2つがねじになっていて、かたっぽが緩めると外れるようになっています。

ほら、ひーらいたーひーらいたーかめらーくりっぷひーらいたー

ひーらいたーとおーもったーらーかばんのこんなとこにはさまった♪(字余りすぎ)

そしてさっきのプレートがガチャリとクリップのところに挟まるともう大変です。赤いボタンをポチッとしないかぎり外れません。まさにすっぽんのような勢い。

そうです、↑これが赤いボタンです。これを押すと外れるのでクリップの取り付ける向きは注意したほうがよさそうです。押した→落ちた、悲しすぎて涙も出ないですきっと。

ほら、くっついた完成図(すいません、写真は私じゃなくてHPのモデルさん)

かっ、かっこいい・・・。リュックにも取り付けることが出来ます(これも僕じゃない)

 

僕が一番やりたいのはこっちのやりかた。ORTLIEBのベロシティにこうやってくっつけたい。そうだ、こうやって固定してベロシティを背負って写真を撮ろう!それこそがまさにリアルじゃないか!!

え、ベロシティがわからんと。すいませんこれです。

オルトリーブのベロシティを買いました(自転車通勤用リュック)ORTLIEB VELOCITY 24L - あれこれやそれこれ

カチャ、くるくるくるくるパチッ、え、あれ、ぐいっぐいっ、あ・・・。

・・・・付かねえ。

ベロシティのこのベルト、厚みがクッションが分厚くてネジが届かないんですよ。この場所を諦めてウエスト部分のチェストベルト部に付けるしかないかな。

f:id:masaki709:20161113211353j:plain

いや!希望を捨てるな!!!と黒いおっちゃんのブログが火を噴く(噴かない)

 「Peak Design ロングクランピングボルトセットforキャプチャー」を使うんだ!

f:id:masaki709:20161113211630j:plain

要するに長いネジです(こんなネジ2本で1000円以上するってどういうことなんだろうブツブツ)これもこの記事の中で売ってるので買ってね。

【ストリートスナップの必需品】Peak Design キャプチャープロカメラクリップが楽すぎるよ!【with PROプレート】 - Backflow

さっき注文したので今週中には届くでしょう。これが届いたらここにカメラくっつけて自転車乗って出かけるんだ。そしてカメラで写真をいっぱい撮るんだ。たぶん。

11月15日、ろんぐくらんぴんぐぼるとせっと到着。

(なんでこんなネジ2本で1000円以上もするんだろう・・・きっと素材がスペシャルでエキセントリックでパワフルでハートフルなんだきっと。きっとそうだ。

肝心な事を忘れていました

そうそう最初の矛盾の話ですよ。

「ミラーレス一眼OM-D E-M5 Mark II にカメラクリップとハンドストラップをつけたらどうなるんだ」という話。

これの答えは「最高になる」キャプチャープロカメラクリップでカメラを簡単にバッグやベルトなどに固定できるし、バッグから取り出すときや手に持つ時はしっかりとpeak design クラッチがカメラを持ちやすくしてくれる。

2つとも買ってよかったです。お二人とも教えてくれてありがとう。大事に使います!

追伸 ご質問がありました。

三脚つけるときはどうするんですか、と。このカメラのネジ穴に取り付けたプレートは「アルカスイス互換」のものだそうなので、三脚の取付部をアルカスイス化すればいいようです。

こんな感じのもの。