読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

寝言を録音した上に文章化?するアプリを見つけたので使ってみた

☆iPhone☆ ☆iPhone☆-アプリ
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

自分の寝言で起こされてしまったりします

普段は夜更かしするので朝まで熟睡な私ですが、日曜日などはちょっとゆっくり寝たりします(と言っても8時くらいですけど)。すると起きる直前の眠りが浅いのか、寝言を良く言うみたいで。

というと自分が気づいていないように聞こえますが(笑)喋った自分の声などで「あ、今寝言言ったんじゃね」と目覚めることがあるわけで。

  • ある日はお客さんに言い訳をしている寝言
  • ある日は電話を切る時の「はいどうもー失礼します」という寝言
  • ある日は鳥の怪物に襲われた時の絶叫の寝言

目覚めた時に口のあたりに「あ、今喋ってた」という余韻のようなものが残ってるわけです。ああ今絶対寝言言ったわ。でもなんて言ったんだろうってわからないときもあって。

そうだ、寝言を録音できるアプリとかあったら朝聞くことが出来るじゃない、と。私達ね、一生懸命そのアプリのこと捜しました。それでね、見つかったの、そのアプリ見つかったんですよ。今日はこちらに来ています!アプリさんどうぞ!(桂小金治風)

 ごめーん、iPhoneのアプリしかみつからんかった。「快眠の森」なるアプリです。

快眠の森〜寝言を解析します〜
快眠の森〜寝言を解析します〜
開発元:ASD Corporation
無料
posted with アプリーチ

 

 

インストールしてみました!

起動するとこんな画面。寝ている男の子はアバターになっていて、女の子も選べます。寝ることによってコインがたまり、それでアバターに服を着せたり良い布団で寝るようになったりと成長するようです。の「ぐっすり記録」を押すと設定画面に変わり、起きる時間などを設定します。目覚まし時計にも使えます。サウンドはiPhone内に入れてある音楽を使えるようですよ!

そしてOKを押すと睡眠開始です。マイクで音声を拾うのでiPhoneを枕元に置いておく必要がありますし、充電出来るようにケーブルを繋いでおく必要があります。OK!

そしてOKを押すといよいよ睡眠画面です。このアプリを立ち上げたまま寝るらしいです。電源ボタンを押したりすると解除になっちゃうので本当に寝る時に立ち上げないと駄目ですね。

ではおやすみなさい・・・

朝です!!

7時に目覚ましをセットしておいたのでアラームで起こされました。アプリを見てみると、寝言がズラッと並んでいます。音声ファイルになっているので、解析するボタンを押すと解析して文字に変えてくれます。変わった後がこちら。

寝たのは2時10分位。一つ目の寝言が2時17分ってどうなんかと(笑)でも音声ファイルを開いてみてもどこにも「学校教育法」なんて言ってない。ただスマホが布団で擦れた音がなんとなく、ただなんとなく「かさこそかさこそ・・・がっこうきょういくほう・・・かさこそ」と聞こえるような(全然聞こえない)

そう、そのくらいの解析なんですが、こう並べられると面白いです。

3時52分の「あの、ふっふっ!えっ!?」はただの咳です。ゴホンゴホンとは言いましたが解析するとこんな風になるとは!いろいろ寝言を言ってるように表示されたんですが結局は咳き込んでたり布団のガサゴソもこうなるとは。

逆に本当の寝言を言ったらどんな結果に表示されるのか楽しみ。しばらく使ってみようと思います。普通に目覚まし時計として使えますからね(^_-)