読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

難しいブログ論なんてただのトラップ。定型文のようなブログなんてつまらない。

☆ブログ☆ ☆ブログ☆-初心者さん向け
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

古参じゃないですよ、ウチ。

去年の3月に始めたブログはいつのまにやら1年半を越えて2年が近づいてきました。こういうのをはてなでは古参とかいうんですよね、いやだ怖い。

はてなブログであるあるなのが「ブログ論」。こうすれば○○できるとか○○してはいけないとか○○文字くらい書けとか見出しはhがどうのとかいろいろ言われますよね。

でも僕、書き始めはそんなこと気にしませんでした。そういうのって好きなこと書くのに邪魔だから。見出しはh1からh4まで綺麗に並べなきゃいけないとかいうじゃない。1000文字以上書かなきゃいけないとか言うじゃない。見出しは必須とかいうじゃない。

いやだよ面倒くさい。

ああしろとかあれはだめとかはこれを参考にしろとかっていうのは全てトラップ。自分が自分らしく楽しく文章を書くのを妨げるまさにトラップ。きっとあれですよ、有能な新人ブロガーを潰そうとする古参の罠ですよ絶対。

誰にでも書けることを自分が書いてドメインパワーもへったくりもないのに誰かに勝てるわけがないんです。世の中に星の数ほどいるブロガーよりも誰かの心に刺さる文章を書きたいなら「あれはだめこうしろ」という一般論は定型文のようなブログが増えるだけなんです。

自分の書きたいことを自分の言葉で好きなように書くのが良いと思います。熱意がこもったら文章が長くなるかもしれないし、ぴったりな絵やイラストがあれば貼るかもしれない。書きたい何かがあれば初めてキーボード叩きゃいいんです。スマホをシュルシュルして字打ち始めたらいいんです。

前提条件のように「1000文字以上で『ですます体』じゃなきゃだめ、オリジナルのイラストか写真を必ずいれよう、始めにh1、見出しはきちんと入れてうんぬんかんぬんとかもう本当にどうでもいいんです。ましてや読んでもいないのに「この漫画が超オススメでトップ100」とかもう本当に要りませんから(というかイライラする)

習うよりまず「慣れる」べき

  • やってみると「成功したか失敗したか」がわかります。
  • やらないと「成功したのか失敗したのか」がわかりません。
  • 教えられた事をやってるだけでは教えられた以上のことはできません
  • 教えられないから「自分でやってみよう」と思います
  • 成功すると「なんで成功したのか」がわかります
  • 失敗すると「なんで失敗したのか」がわかります

学ぶとは「真似ぶ」から派生した言葉だといいます。教えてもらうんじゃなくて自ら誰かの何かを真似てみたりアクションを起こすことです。引っ越してきた転入生は誰かに声を掛けてもらうまで待っていてはいつまでたっても友だちが増えません。自ら何かアクションを起こすことで友だちだって増えたはずだし勉強だってはかどったはず。学ぶよりもまず「慣れる」ことのほうが絶対大事。成功しても失敗しても自分の糧になるじゃない。成功したら「なぜ成功したのか」、失敗したら「なぜ失敗したのか」を考えることが成功につながるんですよ。

さあ、そろそろ内蔵からひねり出したような文章でブログ書いてみましょうよ、そっちのほうが絶対書いてて面白いから。

言いたいことは以上です

が、こんな「好き放題書いたらええやん」と言ってる人のブログが「はてなブログ 初心者」で検索すると1ページめ、かなり上に出てくるのはなんででしょうね。みんな結局「好きなように書いてみたい」けど「しなきゃいけないこと」に囚われてしまってるから「何か答えを探している」ような気がします。

失敗したって「失敗した」ことがわかるからいいんですよ。色々やってみてわかったことが財産だと思います。そんな失敗とか成功とか凹みとか喜びとかでぐちゃぐちゃのカテゴリはこちら。

www.nubatamanon.com

じゃ、そういうことで。