読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

よく頑張った。よく頑張ったからそろそろ禁煙してもいいんだよ

☆特集☆ ☆特集☆-禁煙
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

分煙、禁煙、公共の場所は禁煙、どんどん狭くなる肩身

blogos.com

僕が二十歳だった頃、タバコってひと箱220円くらいでした。5個がパックになってたのが近所のタバコの自販機に売ってたのを1100円入れて買ってたのでよく覚えてます。

 

あの頃はまだたしか駅でもどこでもタバコが吸えた気がします。それがだんだん吸う場所が少なくなったし駅のホームでも端っこの方に歩いていかなくちゃいけなくなったし、何と言っても値段がどんどん上がりましたよね。

220円で吸い始めたのにやめたときには460円になってました。それでもね、吸ってたときは「2倍になったんだったら吸う本数半分に減らしたら値段同じだし、じゃあニコチンが倍入ってるやつに買えたらいいやん」とか言ってた気がします。

でも禁煙をしようと思ったのは「大事なお小遣いを煙にしてしまう」のがもったいないなと思ったしそのお金を他のことに使ったほうが絶対有意義に使えると思ったから。だいたい3日で460円のタバコが無くなってたので月におよそ5000円くらいタバコとタバコを吸うことによるいろいろ(フリスクとかコーヒーとかタバコを吸うときのおまけ)に使ってたんですよ。

その5000円をまず我慢して買ったのがデスクトップの中古のパソコンと格安スマホのASUSのZenFone5。これでブログを始めたんですよね。それとただなんとなくある人に「たばこやめようと思って」って言ったら引くに引けなくなって(笑)もういいや、禁煙やめようと思っても「でもあの人にほらやっぱりサキは禁煙なんてできないんだ、かっこ悪い」と言われるのがめちゃくちゃ嫌だったので我慢してるうちに乗り越えちゃって禁煙できたんです。

他に夢中になることができて、禁煙外来でも禁煙ガムでも誰かでもいい、「禁煙」を支えてくれる何かがあればタバコって吸わなくても良い存在になれると思うんですよ。

タバコを吸う人は吸う人の「吸う理由」があるとは思うんですよ。僕も吸ってたので、吸ってるときは誰に何を言われても「じゃあ辞めよう」とは思わないのも分かるんです。

でもそろそろ辞めても良いんですよ

でもこれだけ喫煙者に対する社会が厳しくなってきて、こんな小さい小部屋でタバコを吸わなきゃいけないいじめに耐えながらタバコを吸うのってそろそろ辛そう。

f:id:masaki709:20161014232921p:plain

www.sankei.com

タバコの半分以上は税金だし、貧乏な日本のためにいっぱい税金も納めて下さった上にこんな狭いところでタバコを吸えとかレストランは喫煙するなとか外で吸えとか公共の場所で吸うなとかもう我慢の限界じゃない?

そう、よく頑張った。よく頑張ったからそろそろ禁煙してもいいんですよ?

ザ 禁煙。たった100円で効果の出るたばこのやめ方(タバコのメリット・デメリット) - あれこれやそれこれ

この記事を書いてからコメントのやり取りがのべ50人くらいになりました。コメントくれた人ってみんなタバコを辞められたのかなぁと思いながらこの記事を書いてます。

タバコなんて吸ってるの?馬鹿じゃない?とは言わないですよ僕も吸ってたので(笑)でもそろそろ辞めても誰も文句言わないよと言いたい今日このごろです。