読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

京都でエジプトと幕末と牛肉に触れてきました

☆お気に入り☆ ☆お気に入り☆-場所
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

京都が呼んでいるような気がしたので行ってきました。

さて、わが守山駅から出発です。僕が出かけるのに珍しく外はいい天気。ホント雨男なんですよ。電車に乗るところから京都散策の旅スタートです。

JR琵琶湖線で30分弱で京都駅です。普段仕事で週に2回は京都にいるんですけど、京都駅から見る京都タワーは格別だなぁ。空に刺さってるように見える。

京都タワーには大浴場があります。ホントは京都散策した疲れをお風呂で流す、っていうのをやってみたいんですけど、腰痛が悪化しそうなのでやめときましたw

地下鉄で御池まで行って徒歩5分ほどで京都文化博物館に到着です。烏丸通りから三条通を東に入ってすぐ、洋風の建物が目印です(っていっぱいあるのでご注意。最初に出会うのは郵便局、そのつぎが京都文化博物館です)

 

このあたりは洋館がようさん建ち並んでいます(ようかん、は思いつかなかった)京都らしくないといえば京都らしくないのですが、古いものはなんでも大事にするのが京都のいいところ。

目的一つ目 黄金のファラオと大ピラミッド展

ここで今開催している展示会が今日の散策の目的の1つ。

これこれ。本当に最高だった。ここだけで1時間半くらいかかったような。この記事だけあとでかくやつ。あ、足写ってる。

普段仕事でウロウロする三条通も遊びで歩くとなんだかおしゃれな通りに見えてくる。そのまま三条通を東に抜けると新京極かいわいの賑やかな所に。ここですでに13時近いのに朝食べたパンドゥマルシェのパンが思いのほか胃にずっしり、お腹が空いていない。ピザ食べ放題のシェーキーズ、行きたかったなぁ。

tabelog.com

吉祥寺でも行ってたし新京極も行ってたのですよ。ここでピザをお腹いっぱい食べたらしばらくピザを食べようという気にならないという・・・

良くも悪くも新京極は新京極のままでした。最近歩き回ってなかったんだけど。

やたら高い猫カフェとかお店一つ一つは増えてるんだけど、「新京極」という街で考えると進化してないというか退化してないというか。

ただ、日本語が少ない(笑)今日は中国語が特に多かったなあ。韓国語は以前に比べると減った気がしました。

f:id:masaki709:20161010220650j:plain

1軒美味しそうなお店を発見、でもお腹が空いてないので次の予定を先に済ませることに。そうそう、ここから河原町通に出ると近江屋跡があります。

大政奉還で平和が訪れたとたんに暗殺されてしまった坂本龍馬と中岡慎太郎。ここに近江屋という旅館があって、ここで休んでいるところを襲われたようです。

犯人は・・・こんなやつです!

f:id:masaki709:20161010173750j:plain

幕末がブームのときはここで写真を撮っている人がいっぱいいたんですが、今は誰も気がつかないかのようにそそくさと歩いていきます。

あの坂本龍馬と中岡慎太郎が死んだ場所ですよ?この2人がいなかったらもしかすると日本は日本じゃなくなってたかもしれないのに。歴史というのはつまらない学校の科目の1つじゃないの。今の日本というものがどういう経緯を辿って今の状態になっているかを学ぶというのは現代の日本を学ぶということ。

今の高校は「日本史と世界史を選択」とかいう訳のわからないことをやってますが、日本史は必修!昔の日本がわからないのに今の日本なんて分かるわけがない。

あ、すいません脱線しました。

四条河原町からそのまま鴨川を越えて八坂神社の方に歩きます。ここしばらく天気が悪かったので川の水も多め。カップルは少なめでした。

こういう細い路地の中に「ひと席おいくら万円一見さんお断り」な料亭などがあります。あと10年ほどしたら行けるようになるのですが(何を根拠にそんなことを)

京都市内をレンタル着物で歩く女性が本当に増えました。

  1. レンタル着物を着せてもらい、外を歩き始める
  2. 着物に少し慣れてきて、いつもどおりがに股歩幅大きめに歩く
  3. 着物の裾がぱっくり開いてしまいロングスカートのようになってくる
  4. 裾が広がってしまったのでかっこ悪く思い、トイレで裾だけ締めてみる
  5. 着付けをできるわけではないので帯のあたりの広がってしまったのはどうしようもなく、裾だけ締めて帯あたりがびろんびろんになる
  6. 帯あたりのびろんびろんがすごく気になって帯の中だけギュウギュウに差し込んでみる
  7. 胸元まで開いてしまい「バカボン」のようになる

天才バカボン (2) (竹書房文庫)

京都で着物レンタルをしたい女子は「着物が緩んだときの締め方」をレンタルの店員さんに聞いておきましょう。レンタルの店員さんはそこまでちゃんと教えてあげて。

いや、もしかしたら店員さんが着付けできないんじゃ・・・。

そんなことを考えてるうちに八坂さんまで到着。人いっぱいだな、八坂さんから円山公園を抜けて・・・と思ったんだけど予定変更、そのまま東大路を下がっていきます。

目的二つ目 霊山記念館

二つ目の目的地はここ、維新の道をあがったところにあります。

場所でいうとこのあたり。

 

霊山記念館という幕末をテーマにした資料館でのんびり幕末を味わうのが次の目的です。本当は坂本龍馬の没後150年の展覧会を見に行きたかったんですが、今週末からなんですよ。今週末は仕事忙しいので代わりにこっちに。

没後150年 坂本龍馬 | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum

行ける方はぜひ。竜馬がまってるぜよ。で、僕はこっち。

霊山歴史館

当館は、幕末・維新期の歴史研究や史資料の展示を行う国の登録博物館である。
近代日本への一大転換期となった同時期のありさまや、志士らの熱意から多くを学び後世に伝えることを目的としている。
明治元年(1868年)、新政府による初の布告でここ霊山の地に、志士らを祀るわが国初の招魂社(現・京都霊山護国神社)が創設された。一帯には墓碑300余があり他にも多くの殉難者が合祀されている。
昭和43年(1968年)に明治百年を記念して創設された霊山顕彰会が、荒廃していた墓碑の改修を行い、参道も「維新の道」と名付けて整備した。当歴史館は昭和45年に、神社の一角にあった参集殿跡地に建設され、顕彰会の手で運営されている。

この歴史館の初代館長はあの松下幸之助さんだというのは意外と知られていないですね(僕も行くたびに思い出すんですがw) 

 

そしてすっかり心が幕末になったところで隣の霊山護国神社に。ここは1つの山の中腹に石碑がずらりと並んでいます。石碑の管理費として大人700円支払って山を登っていきますよ。

ちなみに登ってすぐに坂本龍馬、中岡慎太郎の石碑と銅像、そこから藩で固まって石碑が並びます。左上のちょっと豪華になっているところが・・・

いやまず、坂道を登りましょう。

ヒーメヒメ!!ヒメ!!
スキスキダイスキ♥
ヒメ!!ヒメ!!

ヒメ!!ラブ★ヒメファイト♪

これが歌いたい方はAmazonプライムの「劇場版弱虫ペダル」、時間でいえば1:15:50くらいからを是非ご参照のほど。Amazonプライムなら年間3900円で映画がたくさん見放題、音楽もいろいろ聞き放題、Amazon商品のお急ぎ便や時間指定便が無料で使えるおトクなサービスです(^_-)と広告。

 

景色がだんだん高くなり・・・見晴らしがいい。ホントは秋の紅葉シーズンに来るともっと赤くて最高なんだよ。

そらは青いし緑はきれい。本当にいい天気だったなぁ。さて、最初の石碑に到着。左が坂本龍馬、右が中岡慎太郎。2人がコーヒー好きだったとは知らなかった。

そして坂本龍馬、中岡慎太郎の銅像は京都市街を高台から眺めています。

反町隆史が歌う「小さな夢も見れないこんな世の中」は坂本さんにはどんなふうにみえるんじゃろか。ぽいずん。

こんな風に藩ごとに碑がずらっと並んで京都の街をながめています。これを見ると京都で頑張る仕事に緊張感が…どうりで肩が重いと思った。

登る→市街を見る→登る→市街を見る

海が見えるわけではない。有名な何かが見えるわけではない。ただそこには京都があるだけ(なにいうてんねん)

そして一番上には桂小五郎さんと奥さんの幾松さんの石碑がありますよ。

桂小五郎こと木戸孝允の碑の横にひっそりと寄り添う幾松さん。なんでここだけ奥さんが一緒なのかよくわからないんですが。

木々の隙間から京都タワーが見えたので嬉しくなって望遠で。しかし京都駅ビルはどうしようもなくブサイクで景観台無し。

目的三つめ 豪華なランチを食べる

さて、山をおりてきたら15時。さすがにお腹が空いたのです。さっき目をつけておいたお店に舞い戻ります。

そう、ここは牛カツの専門店「京都 勝牛」さん。

1500円くらいで牛カツと麦ごはん、味噌汁のセットが食べれます。麦ごはんは食べ放題。席がちょっと狭いので窮屈ですがボリュームは満点。

店内で写真をとるのははばかられたのでHPから写真をお借りしようと思ったら。

kyoto-katsugyu.com

そうそう、こんな牛カツ食べましたよ!お肉が生でやわらかくて美味しいのです。わさびで食べるのが一番ご飯にもあってておいしかった!今は東京とか神奈川、大阪、福岡などにも店舗があるんですね。お近くの方ぜひチェックしてみてくださいな。

f:id:masaki709:20161010194444j:plain

お腹が満腹になってすっかりやる気がなくなった私は徒歩で三条京阪へ。いい散策だったなあ。ねえ、高山彦九郎さん。「うん、たのしかったよ」

尊王の士、高山彦九郎さんはこんな方。

高山彦九郎先生とは|高山彦九郎先生史蹟顕彰会

18歳の時、志を立てて郷里を出で、京都三条大橋上で皇居を拝し、「草莽の臣高山彦九郎」と名乗って号泣し、中川規斎に認められて2年間京都に滞留、この間皆川淇圃ら多くの学者に学んだ。

ほらあれですよ、彦九郎こと彦ちゃんからすれば京都御所は「聖地★」だったってことです(怒られるからまじで)でも普通の人なのに光格天皇に謁見までしたすごい人。

そんなこんなで京都から帰ろうと思ったら・・・京阪三条の駅が無くなってた。まさか京阪三条の駅は宇宙母艦で、昨日の夜ついに地球を飛び立って(すいませんビール飲んでちょっとアレ)電車自体は地下に潜ってしまったんですよ。

東の滋賀県は坂本や石山寺まで、西は大阪淀屋橋、中之島まで続く京阪電車の三条駅の真ん前ということで、いったい何が建つんでしょう。

さて、電車にのって山科まで帰ってきました。

一日ホント爽やかないい天気でした。

ここで旅は終わり。

さて、お家に帰ったら何やら慌ただしい。次男のバトミントンのラケットのガットが切れそうだから?ガット張替えに持っていく?晩御飯の用意を頼むと?

 餃子を150個包んでおいてと妻から。それめっちゃ大変だから!!!

とりあえず50個包んだところで帰ってきてくれたのでみんなで餃子を作って食べました。とっても美味しかったです。おわり