読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

aikoが歌った「聲の形」のPVを見たらやっぱり癒やされた

☆お気に入り☆ ☆お気に入り☆-本、漫画 ☆お気に入り☆-歌
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

ニュースでこんな記事を見つけて「aikoらしいなぁ」と思ったのです。

www.excite.co.jp

街でファンに声を掛けられたら普通に接してしまうというaikoは、TSUTAYAで出会ったファンの子の恋愛相談に深夜の1時から5時まで付き合ったとかいうエピソード。

んだよ、どこのTSUTAYAだよ今から自転車で行って来る!!!

というのは冗談ですが。でも大阪の肥後橋にある「徐園」という中国料理のお店にaikoが行くと聞いたことがあって、初めて徐園の前に行ったときは深呼吸しました。

ああ、僕もaikoと同じ空気吸った!!って(笑)

映画「トイレの花子さん」の主題歌「あした」を聞いてからaikoのファンな私はしばしばライブに行きたいと思いつつ、一度も叶えられておりません。昔誘った女の子に思いっきりフラれたという心の傷がまだ癒せていないのかもしれません(笑えない)

映画「聲の形」の主題歌をaikoが歌ったのは原作の「ベタベタな恋愛」とはちがう愛しさとか切なさとか友情とか甘酸っぱい部分というのをaikoというのはすごく分かっていて、ぴったりくるなぁとは思っていたのですが。

実はaiko、聲の形の原作の大ファンだった。ああそうかそういうことか。

自他共に認める漫画好きで、原作の大ファンを公言していたaikoは「主題歌のお話をいただき本当にびっくりしました! 私は『聲の形』の漫画が大好きで、読んだ時感動して自分のライブのMCで1巻全部のストーリーを話してしまったほどなのです」と原作愛をアピール。

 主題歌の依頼を受け、「とてもうれしいのと同時に、この映画のそばにずっといられる歌をうたいたい!と強く思いました。最近1日中気合いが入っています、それが毎日続いています、大変ですがとてもとても幸せです!本当にありがとうございます!うわぁああぁーーーーーーーー!!!!!やったーーーーーーーーーーー!!!!!すいません…取り乱してしもて」と大興奮した。

aiko、原作ファン『聲の形』主題歌依頼に興奮「うわぁああぁーーー!」 | ORICON STYLE

その昔、ストーリーもなんにも知らないアニメの主題歌を歌った人達が居て、その歌の歌詞とストーリーとの違和感に強烈に「うわぁ」と思ったのを今ふと思い出して、「聲の形」の主題歌をaikoが歌ったことをすごく嬉しく思うわけですよ。原作の漫画の1巻だけ読んで島田紳助がワンピースのために作詞した曲とはえらい違いですよ(結局誰か書いちゃってる)

aikoの歌は僕にとってはいつも優しく愛おしい。情熱的な恋の歌よりもひっそりと「そこにある」恋の歌のほうが心にしみる。

これ、見に行きたいんだけどなあ。 

youtu.be

原作でもそうだしPVでもチラッとでてくるけど、顔に貼られた「☓」がひらりと落ちるシーン。ここがたまらなく好き。文章で書けば「心が通じ合った瞬間」とか難しい語句を並べなくてはいけないんだろうけど、顔に貼られていたことで「どこの誰でもどうでもいいんだ」というものが、「☓」が剥がれ落ちることで相手を一人ひとりの友達、知り合いと理解し興味を持っていく、こういう表現の仕方って素敵だなあってね。

僕とは逆でアニメを先に見た人は是非原作の方も。きっとアニメでは掴みきれなかった一人ひとりの過去と今との繋がりとかが見えるんじゃないかなと思います。

えっ、何の話だっけ(笑)そう、aiko最高!やっぱり癒される。

恋をしたのは(初回限定仕様盤)

恋をしたのは(初回限定仕様盤)