読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 白のファーストインプレッション

☆お気に入り☆ ☆パソコン☆-ハード
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

これは間違いなくいいものだ

つい昨日こんな記事を書いた翌日に到着したキーボード。

PFUのHappy Hacking Keyboard Professional JP Type-Sを買う道のり - あれこれやそれこれ

PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 白(日本語配列)

PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 白(日本語配列)

 

Happy Hacking Keyboard | HHKB Professional JP Type-S | 特長 | PFU

さっそく到着したのでいじっています。と言ってもパソコンのUSBに差し込んだだけで使えるんですけどね。思った以上に快適で心地よいです。なかなか入っていた箱もお上品で捨てるのがもったいないです(箱、残しておいてあとで怒られるパターン)

実際に触ってみた感覚を文字にしてみようと思います。

「聴覚」

type-Sというのはspeedyとsilentを表わす「S」なんだそうですが、本当に音は静か。YouTubeに一般のtypeとtype-Sの音の大きさを比べたものがあったんですが、type-Sの方はまさにそんな感じの音です。あとはキーボードの下、デスクの厚みとか材質とかでももしかしたら音が違うかも。いま僕は厚み15㎜くらいの合板の上で叩いていますが、柔らかい「スココン」という音がします。

youtu.be

普通のHHKBの音に比べると乾いたというかカサついた感じがしますね。このくらいの音なら夜中に熱中して記事を書いてても全然OKです。以前のキーボードなら「昨日夜遅くまでパソコンしすぎ」って怒られることもあったので、そーっとキーを叩いてたりしましたが。これなら叩いても大きい音がぜんぜん出ないので。

「視覚」

見た感じはそこらにあるキーボードです。長男に「キーボード買ったん?」と言われて「うん、めっちゃ評判いいやつやねん」までは説明できましたが、彼の半年分の小遣いだとは流石にいえませんでした(笑)

type-Sを買ってよかったなあと思って微笑む私。車はtype-Rがいいですけど、キーボードはtype-Sがいいですね(何の話やねん)

「触覚」

裏のスイッチでこんな風にカスタマイズできますよ、というものの。元々Windowsのキーボードだから初期設定のままで違和感がないんですよね^^ただ全角/半角の切り換えの場所がまったく違って、今までの通り押すとTABキーを思わず叩いてしまうという。この辺りはしばらく慣れが必要なところ。

f:id:masaki709:20160905230252p:plain

ファンクション(Fn)キー。左手のホームポジションから小指をここまで移動させようとすると結構遠いんです(と言っても近いんですけど)右手小指あたりにもあるんですけどちょっとそれも遠い。

このFnキーを小指で押さず「小指の付け根、鉄棒で豆ができるところ」で押す方法をどこかのページで拝見したのですが(すいません見失ってしまいました。また見つけたら是非リンクさせてください)これが秀逸!手首のあたりからコトリと左手を傾けてFnキーを軽く軽く抑える感じで1~4くらいはそのまま左手で押せるんですよ。5から後ろはちょっと右手に頑張ってもらおうかなとか。

キーのタイピングはちょっと重く感じる。と言っても押す最初にちょっと重みというかひっかかりのようなものを最初にちょっと感じる程度。押してしまえば特に抵抗もなく嫌な感じはしない、むしろタイプしているのが楽しいなぁ。

f:id:masaki709:20160905232039p:plain

足を出すことで傾きを調整することができます。今は低(何も出していない状態)にしています。しばらく使ってみて心地よい高さに変えてみようかな。

かれこれ二時間ほど触っていますが、机と接地している手首あたりに若干の痛みがあります。ここはクッションのようなものを置いたほうがよさそう。とりあえずはタオルか何かを丸めてクッション代わりにしてみようと思います。

「嗅覚、味覚」

一応五感で感じるままを書こうと思いましたが、ニオイもせず味もしません(笑)

最後に

前回のMicrosoft Natural Multimedia Keyboardは10年ほど活躍してくれました。今回のHHKBも大事に使って10年以上仲良くしていきたいと思います。これなら会社にも持っていけますし。年に1回決算の関係でエクセルに入力するものがあるのですが、毎年ノートパソコンで入力していると指がカチカチになってくるんですよ。これなら疲れもかなり低減されそうだし使うのが楽しみです。

脳みそ-指-キーボード-文字という流れが滞らず、これなら楽しく文章が書けそうです。

 嬉しいツイート発見

なんだかTwitterからの流入が多いなと思ったら!

 HHKBのOfficialのアカウントからTweetしててくださったんですね!これは嬉しい。ますます手放さず大事に使おうと思います!!