読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

タイトルの 言葉選びは 慎重に(川柳とは言ってない)

☆ブログ☆ ☆ブログ☆-初心者さん向け ☆ブログ☆-ブログ雑感
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

ブログのタイトル、文中で使う言葉のお話です

※ブロガー向け記事です。その他の方は一番下に「過去記事はこちらから」のボタンを付けておきました。是非他記事でお楽しみ下さい。

f:id:masaki709:20160806194423j:plain

ブロガーお友達のKEN (id:ken530000)さんとのやり取りにて。

彼は数日前に大きなバズ記事を書かれまして(記事内容はAdSenserの私には口が裂けても言えない)そのことで話をしていたんですよね。その中で「行為や行動の方法」を表す言葉として「やり方」と「仕方」という二つの言葉があることを思いつきました。

これ、どっちを使うほうが検索されるんだろう。

調べてみました。

使うのはGoogle AdWordsの機能の一つ「キーワードプランナー」です。

www.google.co.jp

使ったことがない、というブロガーの方は是非取り入れて下さい。特に「検索流入が少なくて困ってる」という人なら特に。的確に理由がわかりますから。Google AdWordsの始め方などについては割愛します。検索すると詳しいページがありますからね。

Google AdWordsを立ち上げると「運用ツール」の中に「キーワードプランナー」は入っています。で、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを利用して新しいキーワードを検索」をクリック。

f:id:masaki709:20160806192843j:plain

するとこんな画面に。

f:id:masaki709:20160806193057j:plain

「宣伝する商品やサービス」に調べたい語句を、キーワードのオプションを開いて「入力した語句を含む候補のみを表示」だけオンにします。

で、下の「候補を取得」を押すと・・・結果がどーん。

f:id:masaki709:20160806193427j:plain

結果は一目瞭然。

「~のやり方」は月間4400、競合するページは少ないです。
「~の仕方」は月間12100、競合するページは少ない。どっちをえらぼう。

タイトルの付け方って・・・

じゃあ、ブログのタイトルとして使いたいのは「やり方」?「使い方?」この言葉のチョイスの仕方でデイリー、マンスリーの流入件数は恐ろしく変わってくるでしょう。

なので記事タイトルのとおりです。「タイトルの言葉選びは慎重に」。ブログを書き慣れてくると「受け入れられやすい言葉」というのがなんとなくわかってきます。闇雲に難しい言葉を使っても読者の目から脳に入らないと意味が無いんです(ってすでに闇雲という字が嫌な感じがしませんか?)

それを自分の感覚的にやれれば一番いいのかもしれませんが、自分で決められないというのならキーワードプランナーのようなものを使うのが一番手っ取り早くて確実です。

でもタイトルの盛り過ぎは嫌われる

もちろん、タイトルや文中の言葉で検索順位などは変わってくるでしょう。「大事なワードはタイトルの最初に入れておけ」「○○文字以内でタイトルは書け」「読者の視点を考えてブログを書け」「検索流入が~」「SEO対策の~」色々なことを言われるので言われるがままビッグタイトルで記事を書く人もいるでしょう。

しかし、タイトルを見て「おっ!」と思って見に行った時に文章を見てがっかりした時はどうなるか分かりますか?

そっ閉じ、です。

ブコメ欄やコメント欄に「タイトルに釣られた」と書かれるのは恥ずかしいことです。タイトルで注目され、注目を上回るような内容で記事は是非書いていきたいものです。もしくは記事を先に書いてしまってから読みなおし、最後にふさわしいタイトルをつけるのでもいいと思うんですよ。

最後に

結局はナチュラルに文章を書いてタイトルを決めるのがいいのでは、とワタシ的には思います。高い本を買わなくても学ぶべき部分はネット上でいくらでもありますし、コツコツ積み上げれば努力はブログを裏切らないのです(と思ってます)

f:id:masaki709:20160806195458j:plain

まぐれだと思っていた1位も意外にキープ出来ていたりします。少しづついろんな事を学んで是非それぞれの目標目的が叶えられるといいですね!