あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

庭やベランダの打ち水で気温を下げる方法

 

見た目に涼しいだけではなく気温が下がる打ち水の効果

 

気化熱を利用して温度を下げるという打ち水はやはり効果があるようです。気化熱?と思った理科が苦手だった人のために一応気化熱の説明からしておきましょうか。

気化熱とは液体の物質が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。液体が蒸発するためには熱が必要になります。その熱は液体が接しているものからうばって蒸発します。だから、体がぬれていると、表面の水滴が体温をうばって蒸発しようとするから寒くなるのです。

気化熱

撒いた水が蒸発するときに周りの熱を奪って蒸発していくのを利用するのが打ち水、と。でホントは若い女性が浴衣を着て柄杓でパッパッと水を巻いてくれると精神的にも肉体的にも涼しくなるんですが・・・

f:id:masaki709:20160806160338p:plain

でも打ち水ってやり方を間違えると逆効果で「余計蒸し暑くなる」というのもあるようです。せっかくなのでやり方をご紹介します。

打ち水のやり方

グズグズ書くと暑苦しいので箇条書きで。

  • 地面が熱せられる前の早朝か冷え始めた夕方に撒く
  • 日なたではなく日陰に撒く
  • 大量に撒かず軽く濡れる程度でOK
  • 植木にかけるのもOK
  • ベランダでもOK
  • マンションの廊下など共有部分は滑りやすくなるので注意

暑い日中にやってしまうと、気化熱で温度が下がる以上に「蒸し暑くなる」ことで不快指数が上がってしまうそうなんです。なるべく温度の低い部分に水を撒くのが大事。記事を書いている今が16時30分頃なのですが、この時間位から気温も下がってきますので打ち水タイムですね(^_-)

気温にして1~2度下がるという報告が多いです(気温計がないのでごめんなさい)

日中の気温というのは14時頃をピークにしてそこからだんだんと下がっていきますから。時間で言えば16時以降、気温が下がりかけたころが狙い目ですね。

f:id:masaki709:20160806162405g:plain

 岐阜県地方気象台のHPより

風向きの変化などにも気をつけてみる

例えば僕が住んでいる滋賀県の南部。マンション住まいなのでよく分かるのですが1日のうち風向きが変わる時間っていうのがあるんですよ。

夏のこの時期なら18時頃に北からの風が南からの風に変わったりします。琵琶湖でバス釣りをしているとよくわかるのですが、その時間に風が一瞬ピタッと止んで水面が鏡面っぽくなるんです。トップウォーターで何匹釣ったかわかりません(また話がそれる)

海沿いなら海陸風というのがありますし、琵琶湖でも似たようなのがあるのかもしれません。お住まいの地域でもそういう風向きの変化があるのならそれに合わせるのもいいかもしれません。

水を撒くと気化熱により気流が発生するのでそよ風がふく、なんていう話もありますね。

ということで・・・

家でじっとしているとつい暑くてダラダラしてしまいますが、打ち水をしたり風鈴を鳴らしてみたり「見た目や音でも涼しく」なってみるのはいかがでしょうか。

こんな記事を書く中で見つけた爽やかな研究。

「打ち水の効果を調べる」という愛知県碧南市の中学生の研究発表。

http://www.city.hekinan.aichi.jp/kyouikuka/manabi/H20nisityuuutimizu.pdf

  • 動機付け
  • 前調査
  • 研究成果(ゴール)の設定
  • 数値を取りながら研究調査
  • 成果発表
  • 研究まとめ

丁寧さが眩しい。暑い中での研究結果の爽やかさに心のなかで涼風を感じました^^打ち水の効果、間違いなくありますのでぜひチャレンジしてみて下さい!