読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

矛盾の語源とかタイトルの付け方とかSEO対策とか

☆ブログ☆ ☆ブログ☆-ブログ雑感 ☆雑感☆ ☆雑感☆-思うがまま
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

矛盾と聞くと語源を紹介したくなる件

f:id:masaki709:20160728230542j:plain

そひとにたてとほこをひさぐものあり。

「矛盾」っていう言葉。

あることを一方では肯定し、同時に他方では否定するなど、論理の辻褄(つじつま)が合わないこと。物事の筋道や道理が合わないこと。

矛盾 - Wikipedia

語源が学校の古文で出てきたような。「韓非子」でしたね。

『そひとにたてとほこをひさぐものあり』から始まるんです。思い出しました?ちょっと懐かしさに浸りたい方はここにちょっと行ってきて下さい。
(かならず戻ってくること笑)

中学校国語 漢文/矛盾 - Wikibooks

  • 楚という国に盾と矛(武器)を売る商人がいた
  • 商人は「ウチの商品の盾はどんな武器も突き通すことが出来ない」と言った
  • さらに商人は「ウチの商品の矛はどんな盾でも突き通すぜ」と言った
  • 「ほんならお前の矛でお前の盾を突いたらどうなるんだ」と客に聞かれた
  • 盾と矛を売る商人は答えることができなかった

楚人が日本人のルーツ?

韓非子に出てくる「楚人」というのはちょっと鈍臭いというかおっちょこちょいというかちょっと抜けてる人に使われるタイプと習ったような記憶があります。で、実は日本人というのは祖先を遡ると楚人だ!という話もあったりして。

ちょっとこれは長すぎるので要点だけ・・・

長江文化の日本渡来が弥生時代前期以降であることは、秦によって戦国時代が終焉するBC4前後に楚が滅びることとぴったり符号し、しかもこの楚という国が少数民族ミャオによって建てられた国家だったこと、彼等が水耕稲作を北部九州から北陸の日本海側に持ち込んだ人々・・・すなわち倭人の祖先であっただろうことは、ここまででかなり確率が高くなったと考えていいのではなかろうか?!

倭人の起源は楚人だった!!

ああ、僕がちょっと不器用な事のルーツがまさかそこにあったとは(壮大)

結末をちょっと予想してみた

この話、両方を買った人が盾と矛で実際にガチンコ勝負してみたらどっちが勝ったんでしょうね。

  • 盾が勝って矛が折れちゃった(一番つまらない展開)
  • 矛が勝って盾を突き通してしまい盾を持っていた人が・・(以下グロ略)
  • 盾は割れてしまい矛も折れてしまい引き分け(JARO案件)

これを考えるとどれもパッとしないので、「答えることが出来なかった」が最適解だったのかもしれません。

で、なんなん、と言われるとつらいやつ

雑記ブログが突然矛盾の話を引っ張り出してきて何をやってんだ、といいたいかもしれませんが、実はこんなブログ記事タイトルをチラッと見かけまして(敵意とかはまったくありませぬ)

【保存版】これだけ見ればOK!●●●●完全攻略【随時更新中】

うん、ブログタイトルは大事。重要なことはタイトルにまとめていれましょうとかSEO対策にはタイトルの最初にキーワードをうんぬんとか言うから。

  • 保存しておいてね!
  • これだけ見ればOK!
  • 完全攻略!
  • でも随時更新してる途中です

まだ途中なのに「これだけ見ればOK」な「完全攻略」ってフシギダネ。

ポケットモンスター モンスターコレクション MC_002 フシギダネ

ポケットモンスター モンスターコレクション MC_002 フシギダネ

 

 うん、ちょっと面白かっただけで。僕でも狙いすぎるとそういうタイトルつけちゃうと思うので。でもちょっと気をつけたほうが読者には優しいんじゃないかと思うやつ。タイトル盛りすぎて中身を見た瞬間にそっ閉じされるほうが悪影響は大きいと思うし、中身を描いた上で適当なタイトルにしたほうが結果的にSEO的には良さそうな希ガス。