読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

流行の記事を書いたらあの時のミニマリスト達の気持ちがちょっとわかった

☆雑感☆ ☆雑感☆-思うがまま
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

f:id:masaki709:20160726230421p:plain

タイトルにその名前を入れるだけで「そのブログを見ない」と仰る方もおられるのであえて書かずに話をすすめましょう。いま流行しているゲームのお話です。といってもそのゲームをどうのこうの書かないのでご心配なく(ゲームはゲームとして楽しくやってます。今日は初めて・・・いややめとく)

はてなブログでもこのゲームについての記事がたくさんあって、攻略の仕方をこまかく教えてくれるブログや、1日体験したことを日記のように書く人、これまでゲームとして楽しんだことで蓄えた知識を誰にでもわかりやすくまとめた人がいたりと様々。私もゲームが始まる前に知ってた知識を紹介したこともありました。

そのゲームが始まった途端まさに社会現象。老若男女がそれぞれに楽しんでいることでブログの記事も乱立し、興味が無い人からすると「またこのゲームの記事かよ」「そのゲームを取り上げるだけでアクセス数稼げるしな」と冷ややかな目線を向けられることもだんだんと増えてきているような気が。

流行に乗ってみる、乗った気分でブログを書く、アクセスが増えてホットエントリーの一角を占める、盛り上がるのと反対に興味が無い人達からはそれが苦々しく見えてしまう。でも書いている人たちは本当にエンジョイしているんです。その落差ったら。

そんな事が去年ありました。「ミニマリスト」です。

そうそう、ミニマリスト。

「断捨離」を合言葉のようにシンプルライフ、ミニマルな暮らしを送ることを記事にし、共感した人たちがどんどんとミニマリストブロガーとして名乗り出ました。確かにシンプルな生活を送ることで余分な出費や余分な時間を抑える、有意義な生活をすることができる人もいた反面、「アレを捨てた、コレを捨てた、大量消費は悪」と大声で叫びミニマリストこそが正義のように大盛り上がりした人たちもいましたよね(どこにいったんだろう)

あの時も「またミニマリストかよ」「ミニマリストを名乗るだけでアクセス稼げるしな」と苦々しく思っていた人もいたし、その恩恵を受けたいがために「ミニマリスト」を名乗った人もいなくはないと思います。写真に撮る時だけ部屋を空っぽにして「リビングを断捨離しました」とやってた人の気持ちもまったく分からないわけではないです。僕だってこのゲームで助手席にちょこんと座って「ゲットだぜ」って喜んでいたりしますから。

でも逆に、今でもミニマリストとしてブログを書いている人もちゃんといます。流行に流されるのではなく「シンプルに生きよう」と本を読んだり勉強したり、自分で経験したことを教えたり本にしたりとアウトプットまでできる人もいます。その人達はあの流行の中起きた「ミニマリスト叩き」の流れにもブレなかったのでしょう。

流行っているから記事を書くときもあります。流行っていなくても書きたい事もあります。叩かれると凹む時もあるしみんなで盛り上がっているときは一緒に騒ぎたい時もあります。盛り上がってる時に叩かれると「ちぇっ、やっかみかよ」と思ってしまう時もあるでしょう(すいませんあります)

でもそれらはすべて大きな流れの中の小さな事。去年流行った流行語が今ではまったく聞かれなくなるのと一緒、一瞬キラっと光っただけのものなんですよね。しいていうなら・・「チョベリバ」でしょうか(ああもう絶対知らない人とかいるだろうな)。ああ、あの時のミニマリストの人たちもこんなふうに感じながらブログ書いてたのかな、とここ数日感じています。

一瞬は流される事があるかもしれないけど、僕は好きなことを好きなように書く雑記ブロガー。タイトルにある通り「雑記系ブログのさらなる高みを目指す」のです。書きたいことを書く、ミクロの視点から宇宙の話まで(それはない)書き続けたいと思います。

そういえばあの時、こんな記事を書いてたのを思い出しました。

www.nubatamanon.com

追伸①:ミニマリストの方たちを嫌いな訳ではないので悪しからずです(^_-)

追伸②:宇宙の話(それはない)と書いていたのですが、書いていました。

www.nubatamanon.com

この記事を読んでびっくりしたんですが、最後の方に「Amazonで1円も儲けたことがない」って書いてるんですよ(笑)1年でブログも収益も変わるものですね。その件はまた改めて。