読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

「リワーク」(復職支援)という言葉に初めて出会いました

☆雑感☆ ☆雑感☆-真面目な話
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

今日仕事で職業安定所に行ってきました。転職経験が多い僕はしばしば職安にはお世話になってます。職安から斡旋してもらった会社というのはやはりきちんとしている所が多いですし(公的にチェックされてますからね)、悪い言い方をすれば「金になるから無理矢理にでも突っ込む」という事をしないのがいいですね。

 いや、全部がそうとはいいませんよ。転職エージェントには「営利目的の企業である」という一面があるのは忘れてはいけないってことで。

www.nubatamanon.com

今回の用事はもちろん転職ではなく、とある補助金の説明会に参加したわけです。。幾つかの合同での説明会だったため、当初聞きたかった事以外にもいろいろと話しを聞くことができたのですが、一つ興味深い話を聞くことができました。

突然ですが「リワーク」という言葉を聞いたことがありますか?恥ずかしながら私は初めて聞きました。

リワークとは?

「リワーク」(Re-Work)とは、ある程度まで回復した休職中のメンタルヘルス不調者を対象に、復職に向けたウォーミングアップを行うことをいいます。いきなり職場へ戻って働きはじめるのではなく、専門の公的機関や医療機関などに通い、オフィスに似た環境で実施されるさまざまな復職支援プログラムを通じて再発リスクを軽減。療養生活から本格的な職場復帰へ、無理なくスムーズに移行させるのがねらいです。
「リワーク」とは? - 『日本の人事部』

実は以前勤めていた会社で1人うつになり休職された方がおられて、数ヶ月休まれた後に復帰されて話をしたのを思い出しました。

「明日は行こうと毎日思うんですよ。で、朝になって電車に乗るでしょ。駅につくでしょ、ちゃんと降りられるの。それで会社に向かって歩くと少しづつ坂道を降りていくじゃない?あの坂を降りているうちにどんどん気持ちが悪くなってしまって引き返してしまうのごめんね。毎日そんなことしてたの」

入社した時にすごくかわいがってもらったし会社をあげてのプロジェクトの長になった方でもあったのですが、そこで結局いろんな力に押しつぶされてしまったんだと思います。決して心が弱いとかそういうのではなくて、責任感が強すぎたのかもしれないです。すべての問題を結局一人で抱えてたイメージがあるから。結局復職したけどその後退職されたそうです。(先に逃げたのは私)

うつ病というのは、また元の職場に戻る戻らないにかかわらず再発も起こりやすい病気だと思います。実際に自分がかかったことが無かったので、うつ病の治療というのは心療内科などで薬を飲んだり職場から離れて違う生活をおくることで改善されるのかなと考えていました。

実際にはこういうリワークというものがあって、復帰に向けてゆっくりとサポートしてもらえる仕組みというものもあったのですね。心理療法や日常生活でのトレーニングなどをじっくりと取り組むことで再発を防ぎ無理なくスムーズに復帰に向かうことができるそうです。

リワークには公的のものと民間のものがある

今回私が話を聞いたのは公的なもの。滋賀障害者職業センターというところの方のお話でした。資料がPDFでアップされているのでご紹介しておきます。

『リワーク(職場復帰)支援のご案内』
http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/shiga/om5ru8000000aah0-att/om5ru8000000aak5.PDF

≪リワーク支援とは?≫
うつ病等により休職されている方で、復職までの段取りを自己管理することに困難さを感じておられる方、休職と復職を何度か繰り返されている方など、復職について不安に感じておられる方へのサービスを行つています。支援期間は 4~ 6ヶ 月程度が標準です。生活リズムの立て直し、作業体験、ストレッチや呼吸法、認知行動療法やコミュニケーションなどの講座の他、ご利用される方に合わせてカリキュラムを組みます。

やはりじっくり取り組むと半年近くかかったりするものなんですね。今日説明をしていただいた担当の方もおっしゃってましたが「公的で無料のものですので、まずは来ていただけたら」とのことでした。

他にも企業向けに説明会や研修会を企画したりすることも可能なようですし、これらは滋賀県だけのものではなく、全国に都道府県支部がありそれぞれが取り組みをされているようです。

www.jeed.or.jp

無理に我慢して働き続けるより、僕は逃げた方がいいと思っています。僕の経験からいえば転職は悪いことではありませんでした。自分に起きた事をどう受け止めて行動するかが全てですから。抱え込んで心に大きな穴を開けてしまうより、すべて放り出して逃げるほうがいい時もあります。逃げてばかりではもちろんダメだとは思いますけどね。

他にもそういった取り組みをしている所がないか調べてみましたが、こういった医療機関が集まってうつ病のリワークを支えているものがあるようです。

www.utsu-rework.org

全国のリワークを行っている施設の一覧などもあります。お近くのところもあると思いますよ。

うつ病リワーク研究会 リワーク施設一覧

プログラムも施設によって様々ですし対象が求職者のみであったり復職者も受け入れてもらえるところもあったりと違いがあること、保険の適用があっても有料であることは先ほどの公的機関と違う点です。

しかし自立支援医療という公費負担により、3割負担の医療費を1割に軽減することもできますので「まずは相談してみよう」と思うことが大切だと思います。

自立支援医療(精神通院医療) - Wikipedia

ポケモンGOがうつ病などを改善?

www.huffingtonpost.jp

最近ではこんな記事もありました。家に引きこもってしまうより、外に出て人と軽く接してみたり歩きまわることがメンタルヘルスの不調には効果があるのだとか。確かにこのゲームなら外を出歩いてポケモンを探したり、友達と対戦(ができるのかな)したりすることで他の人との関わりができたりしますものね。

ポケモンGOがリワークに貢献、とまでは言い切れませんが心と体の健康にちょっとでも近づくことは出来るかもしれませんね。

で・・・いつ出るんだろう。明日?今月末?

f:id:masaki709:20160720225506g:plain

えっとこれは・・・あれですね。イワーク。