あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

iPhone、AndroidスマートフォンのGPS精度を最適化する方法

GPS機能を見なおして自分にピッタリの設定にしよう

iPhoneやAndroidのスマートフォンが持っている機能の一つが「GPS」です。GPSとはGlobal Positioning System(全世界測位システム)の略で、宇宙にあるGPS衛星が地上に送ってくる「位置を測定するための電波」を利用して、現在地を表示することができます。

それを利用したゲームがポケモンGOで、爆発的に大流行して公園が人であふれるほどの人気になりましたね!私も公園や街中を歩き回ったものです。

いざインストールして始めてみると「GPSの信号を探しています」のまま動かない人もいたようです。GPSが動かないとポケモンGOは遊ぶことができないのです。実はGPSの精度を高く設定する事がポケモンGOを楽しむために大事だったのです。

AndroidとiPhoneのGPSの精度を上げる方法をまとめておきますのでぜひ参考に!ただ精度を上げすぎると大量にバッテリーを消耗しますので、一番大事なのは「自分の用途に合わせてGPSの設定を最適化」させることです。

GPSは3つの情報で精度を高めている

最初に「GPSとは衛星を使った位置情報システム」だと説明したのですが、実は位置情報をGPSの電波だけでチェックしているのではありません。スマートフォンでよく使われるGPSの位置情報は主にこの3つで成り立っています。

  • GPS(衛星からの位置情報)
  • Wi-Fi(付近のWi-Fi電波からの位置情報)
  • モバイルネットワーク(基地局からの電波の距離や方向からの位置情報)

GPS衛星からの電波と地上のWi-Fiや基地局の電波などの情報を組み合わせることで位置情報自体の精度を上げることができます。特にWi-Fiから得られるデータが大きいようで、Wi-Fiをカットしていると精密な位置情報を把握出来なくなるケースが多く見受けられます。

GPSを高精度で使いたいときは3つとも使う、精度がそれほど要らない時はGPS衛星からの情報のみで使う、といった使い分けをすることも出来ます。ではこれらの設定方法をAndroidとiPhoneで見ていきましょう。

AndroidスマートフォンのGPS精度を上げる方法(設定編)

ではさっそく操作してみましょう。まずは【設定】に進みます。

GPSというのは位置情報から操作しますので【位置情報】をタッチ。もしこれが「オフ」になっていたら必ず「ON」にしておきましょう。

【モード】というところがあるのでタッチ。

Androidのバージョンにもよると思いますが、現在の位置情報のモードは3つに分かれています。

  • 高精度 GPS、Wi-Fi、モバイルネットワークで現在地を特定する
  • バッテリー節約 Wi-Fiとモバイルネットワークで現在地を特定する
  • GPSのみ GPSで現在地を特定する

もちろん、一番精度が高いのは【高精度】です。高精度はGPS、Wi-Fi、モバイルネットワーク3つの位置情報から位置情報を得る方法です。これをAGPS(Assist GPS)といいます。しかし高精度というのはバッテリーを大量に消費するので、外出時でも充電ができるモバイルバッテリーを買うなどの工夫が必要になると思います。

ポケモンをしている時、私のスマートフォンはフル充電から3時間でスマホの充電が切れてしまいました。もちろんGPSのみで電池を消耗するわけでなく、ポケモンGOのゲーム自体の消費電力が高かったことも影響していると思います。

さて、高精度以降の設定ではWi-Fi機能を減らしたり モバイルネットワーク機能を減らしたりして使用電力を減らしますが、その分精度が下がってしまいます。精度が下がった状態では私のスマートフォンの場合、特に【GPSのみ】ではポケモンGOは遊ぶことが出来ない場合がありました。

ということでポケモンGOを入れた時には是非【高精度】でお楽しみ下さい!そして遊び終わったら精度を下げてスマホの電池を温存、これがベストな使い方ですね。

バッテリーの残量を気にするくらいならモバイルバッテリーをオススメ

僕もポケモンGOにハマってあちこち歩きまわりましたが、みるみるうちにバッテリーが減っていきます。フル充電したのに3時間ほどウロウロしてたらバッテリーが減りすぎて続行不可能に、なんてこともありました。それから僕は持ち歩けて充電ができるモバイルバッテリーを持ち歩くようになりました。

僕が買ったのはこちら。Anker PowerCore 10000、Amazonで2300円くらいで買うことが出来ます。(2017年2月6日現在)

今でも愛用中です。私が今使ってるiPhone7も3回は軽くフル充電することができますよ!

AndroidスマホのGPS精度を上げる方法(アプリ編)

さて、GPSの設定だけで終わってもいいのですが、もう一つおすすめの方法があります。それはAGPSデータを定期的にダウンロードし高速化を図ってくれる無料アプリをインストールすること。

実は格安SIMを使ってる人にはこんな話があるんですよ。

www.teradas.net

結論を見る限りは大丈夫とされていますが

ただし、ドコモのAndroid端末でコールドスタートからの測位が遅い機種では、理論上、測位に時間がかかるケースも出てくるはずではある。という話しではあります。

 気になる人は気になりますよね。

で、この記事の中にも登場するアプリをオススメするわけです。このアプリをインストールすると精度もアップさせることができます。

 そのアプリがこれ。「GPS Status & Toolbox」です。なんと無料(広告有り)

GPS Status & Toolbox
GPS Status & Toolbox
無料
posted with アプリーチ

 さて、インストールから見てみます。

いわゆる使用許可契約の許可です。よく読んで許可しましょう。

さて、インストールされるとこんなものが表示されます。

見てるだけで効果がありそうです!さて、これから精度を上げる設定を。どこでもいいのでタッチすると窓が開きます。三本線を押すと設定画面がでてきます。

真ん中あたりに【A-GPSの管理】というのがありますのでタッチ。A-GPS EXTRAという窓が表示されます。これはインターネットを使ってアシスト情報をダウンロードすることでGPS機能を高速化する機能です。

【ダウンロード】を押します。これで設定は終わりです。お疲れ様でした(簡単ですね!)

しかし高精度でGPSを使って電池が減るのは困る、という人は通常はGPSのみにしておくのが良いでしょうね。しかし、Wi-Fiを切ったからってそれほど大きくバッテリーの減りが遅くなることもなさそうです。それだったらモバイルバッテリーを一つ持っていたほうが何かと気分的に楽だと思うんですがいかがでしょう。

先ほどのAnkerのモバイルバッテリーなら機種によりますが3回くらいフル充電できるんですよ?1日外を歩き回っても余裕があるんじゃないかなと思うんです。 

iPhoneのGPSについて

iPhoneのGPSがずれる、という検索でこちらのページにいらっしゃる方も多いです。みなさんご苦労さまです。実はiPhoneもApple独自のAGPS(アシストGPS)を使っているそうです。これもAndroidと同じようにWi-Fiや基地局の距離などのデータをかき集めて位置を確定しています。やはりiPhoneもWi-FiをオンにしておくとGPSの精度が上がるようですので位置情報を高精度化したいときは是非使ってみてください!「街の無料Wi-Fi等どこかと接続しなくてはいけない」というものではなく、自動的にiPhoneが情報を掴みますのでWi-Fiの多い都市部などではさらに精度があがります。

もちろん、iPhoneもWi-Fiをオンにすると電池を余計に消費すると言われてますので対策は必要です。以下はAppleの公式なサポートページです。

support.apple.com

iPhoneを持ちゲームを楽しむことで落下させて画面を割ってしまったり、水没させてしまったりする人も増えました。友達は画面が割れたままでも「動くから」と言ってそのまま使っていますが(笑)せっかくのiPhoneのなめらかな動きがもったいない!

iPhone7は防水仕様になりましたが、6より古いiPhoneを水没させても水ポケモンはゲットできませんよ!その時はすぐiPhone修理のグッドモバイル さんへ!

 

さて、iPhoneのGPSの設定方法です。

ios10の場合、【設定】→【プライバシー】→【位置情報サービス】とすすみ、その一番下、【システムサービス】の中の設定も見ておきましょう。

 【設定】

【プライバシー】に進み…

【位置情報サービス】を調整してみましょう。

  • Wi-Fiネットワーク
  • コンパスの調整

この辺りは必須でしょう。オフになっているようでしたらオンにすることで高精度のGPSを使うことが出来ます。

日本版GPS衛星「みちびき」がGPS精度をさらにアップ!

【2017年6月1日追記】
本日、日本版GPS衛星の「みちびき2号」が地球を飛び立ちGPS精度アップのために稼働します。

 準天頂衛星は位置を測る電波を地球に送り、受信機の正確な位置がわかる。日本の真上を通る軌道を飛び、電波がビルや山に遮られにくい。位置情報の精度が飛躍的に向上する。GPSで約10メートルだった誤差が、準天頂衛星と地上設備をGPSと併用するとほぼ6センチメートルにおさまる。

日本版GPS衛星「みちびき」2号機、打ち上げ成功 :日本経済新聞

 10mの誤差が6cmになることでがGPS機能自体のアップに繋がるだけではなく、自動車や農機の自動運転などにも非常に期待されています。年内にあと2台のGPS衛星を打ち上げる予定で、来年の春には4台体制で日本のGPS精度をアップさせるのだとか。

日本の技術はまだまだ進歩していきますね!

最後に

スマホのGPSの設定で一番大事なのは「自分の目的にあっていること」です。GPSの精度が自分にとってどの精度まで必要かを考えながらぜひ設定をしてみてくださいね。