読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

【猛暑】2016年の夏はとんでもなく暑くなるらしい

☆雑感☆ ☆雑感☆-お役立ち?
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

2016年の夏は猛暑になるらしいです

f:id:masaki709:20160626110935p:plain

テレビを見ていると気になるニュースが。「今年の夏はとんでもない猛暑になる可能性が高いです」っていうんですよ。それもあの猛暑だった2010年の夏を超えそうだっていうんですよね。2010年、覚えてますか?

毎年年末に清水寺で書かれる漢字、「暑」だったあの年ですよ!!

f:id:masaki709:20160703214211j:plain

2010年の猛暑 (日本) - Wikipedia

あの年と今年の類似点をテレビで説明してくれていたので、一つ一つ調べてみることにしました。

チベット高気圧が太平洋高気圧と重なりダブルで暑くなる

チベット高気圧(チベットこうきあつ)とは、春から夏にかけての暖候期前半に、チベット高原を中心としてアジアからアフリカにかけての広範囲を覆う、対流圏上層の高気圧である。チベット高気圧 - Wikipedia

太平洋高気圧は、太平洋に発生する温暖な高気圧である。亜熱帯高気圧の内の一つ。北太平洋に存在する北太平洋高気圧と、南太平洋に存在する南太平洋高気圧の2つがある。。北太平洋高気圧の中心はハワイ諸島近辺、北東太平洋上にあり、東西に張り出して、東側ではアメリカ合衆国西海岸に年間を通じて温暖で乾燥した気候をもたらし、夏の日本の天気を支配する。その他の季節にも影響を及ぼすことがあり、冬に勢力が強いときは、寒気の南下を妨げることがある。広大な太平洋高気圧のうち、日本の南海上付近のものは小笠原諸島付近に中心を持つことが多いことから小笠原高気圧とも呼ばれる。太平洋高気圧 - Wikipedia

この二つが日本の上で重なるらしいんですよ。チベット高気圧は高い所に、太平洋高気圧は低い所にあるらしいので、二段重ねになって日本に居座ってしまうそうな。

広島地方気象台のこの絵が分かりやすかったです。

f:id:masaki709:20160626100058p:plain

広島地方気象台 | 詳細な説明

こうなると高気圧が安定してしまい、2010年のように35度以上の気温が連日続くような状態になりやすいんだとか。

エルニーニョ現象が終わってラニーニャ現象が始まるらしい

エルニーニョ現象、ラニーニャ現象とは

エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象です。逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれ、それぞれ数年おきに発生します。ひとたびエルニーニョ現象やラニーニャ現象が発生すると、日本を含め世界中で異常な天候が起こると考えられています。

気象庁 | エルニーニョ/ラニーニャ現象とは

 このエルニーニョ現象が2016年の春に終わって、ラニーニャ現象が始まるらしいんですよね。

  • エルニーニョ現象は日本に湿った空気を入れるので大雨が振りやすい
  • ラニーニャ現象は日本に乾燥した空気が入りやすくなるので夏は乾燥高温した気候になりやすい(猛暑)、冬は厳しい寒さになることが多い

www.data.jma.go.jp

今のところはこの予報。次は7月11日に最新版がでるようです。

世界中の気温が高い

scienceportal.jst.go.jp

世界的に平均気温が高かったらしくて、今年4月の平均気温は1880年以来の観測史上136年で最高を記録したそうな。

ということで・・・

家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へがたき事なり。深き水は涼しげなし。浅くて流れたる、遥かにすずし。こまかなる物を見るに、遣戸は蔀の間よりも明し。天井の高きは、冬寒く、灯暗し。造作は、用なき所をつくりたる、見るも面白く、万の用にも立ちてよしとぞ、人の定めあひ侍りし。「徒然草 五十五段」

日本の家は昔から夏のことを考えて作ったほうがいいって言われてたんですよね。すでに暑くなると言われているのであれば、真夏に向けて涼しくなる方法を考えておかなくては。

エアコンもいいのですが、あまりエアコンに頼り過ぎると体温調整を自分でできなくなるっていいますよね。暑いと汗をかく、寒いと皮下脂肪をたくわえる、という体の仕組みが働かなくなるんだとか。

夏を過ごしやすくする方法をちょっと探してみました。

  • すだれを吊るなら窓より外側に
  • 風の通り道を作る
  • 扇風機の前に凍らせた保冷剤を置いてみる
  • 部屋の上のほうに溜まりがちな暖かい空気を扇風機で循環させて逃す
  • ベランダに打ち水をするなら朝か夕方の地面が涼しいうちに
  • バンダナを細く折った中に保冷剤を入れて首のうしろを冷やす
  • 脇の下や太ももの付け根、首などを冷やす。足湯ならぬ足水も
  • 扇風機の風を自分に当てるより「部屋から出る空気」を増やすように使う

このあたりでしょうか。もちろん「エアコンを使っちゃダメ」ではないですからね。この時期からお年寄りがエアコンを使わず体調を崩したりされてますから。体調を整えたり体力を回復させるのにエアコンを適度に使うのは大事だと思いますので。

我が家の場合は階上に住んでるので真夏でもエアコンが要りません。というかエアコンを使うとお腹を壊したりするので(笑)汗をちょっとかくぐらいがちょうどいいのです。

みなさま、お気をつけ下さい。

追伸

夏の睡眠にはハンモックがオススメ。いや、冗談じゃなくて本当にオススメ。

www.nubatamanon.com

 そして入浴時には冷たい水で・・・

www.nubatamanon.com