読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

雨に濡れた髪はなんでこんなにチリチリになるんだ、を調べてみました

☆雑感☆ ☆雑感☆-お役立ち? ☆雑感☆-雑学ネタ
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

雨に濡れるのとお風呂で濡れるのは違う気がする

f:id:masaki709:20160622214838p:plain

突如降りだした雨が大嫌い

雨です。記事を書いてる今は梅雨真っ盛り。今朝は空はどんよりしているけど雨は降っていなかったので、合羽も着ず自転車に乗りました。そして15分ほど走ったところで。

ポツリ、ポツリ。んだよ、雨だよ。ザー

自転車を歩道に避けてかばんからポンチョを取り出す。会社まであと5分少々、ズボンは多少濡れてもこのくらいの雨ならすぐ乾くだろう。合羽のズボンを履こうとして靴をぬぐほうが靴下を濡らしたりするリスクが高くなる(笑)足元弱まってるから。

ポンチョを着終わったらフードをしっかりヘルメットの上にかぶせて(フードがおおきいのだ)走りだす。ああ、濡れちゃったな。

会社に到着。更衣室でポンチョを脱ぎ吊るしておく。かばんからタオルを取り出して頭をゴシゴシ。ああ、雨で髪の毛濡らしちゃったよ。これが乾くと髪の毛チリチリになるんですよ。僕は天然パーマ。雨の日が大嫌い。今日はそんな話です。

お風呂でも湯洗いでもならない。汗か雨だとなる。

お風呂に入ります。シャンプーをしてトリートメントをしてお風呂あがりに髪の毛を触るとツルンとしています。そして朝は寝癖直しと地肌の健康を考えて湯洗いをしてドライヤーで乾かすのですが、その時も髪の毛は純情少年のようにストレートでしっとりしています。

会社に行くときはヘルメットをかぶるのと、自転車なのでちょっと汗をかいたりすると・・・前髪がギシギシします。手ぐしをすると引っかかる、絡まってるような感じ。これは雨の時のチリチリとちょっと似ています。というかほぼ同じ。

雨が降る前の「ちょっと湿気が多いモワッとした空気」に長時間髪の毛を晒すのも似た感じ。前髪がクルリンとしてきてうねり出します。「あ、サキさん雨が近いですか、髪の毛チリって来ましたよ」と事務員さんに言われる時も(笑)そしてそれからしばらくすると雨が降ってくる、って僕はてるてる坊主かと。

そして雨が降ってきた時に外をちょっと歩いて雨が頭につくと途端にクルクルクル・・・そして乾くとチリチリ。お風呂でも湯洗いでもならないけど汗と雨だと起きるこれって一体なんなんでしょう。

汗や雨には「髪の毛チリチリ成分」が入っているのでは

今までの経緯をまとめると

  • 洗髪するのに濡らしてもチリチリ毛にならない
  • 汗で髪の毛を濡らすとチリチリする
  • 雨に濡れるとチリチリする

ということは、もしかすると汗や雨に含まれる成分の中に「くせ毛の人をさらにチリチリにさせる成分」が含まれているのではないかと睨んだわけです。

よし、教えてGoogleさん。

「髪の毛 チリチリ 原因」などで調べること数分、だんだんわかってきました。

  • 髪のキューティクルが剥がれるのが「髪が痛む」ということ
  • 髪の毛が痛むとチリチリしやすい
  • カラーリングやパーマ等で髪は傷みやすい
  • 加齢によっても髪は傷みやすくなる
  • ストレスや生活習慣の乱れでも髪が痛む
  • ドライヤーの当てすぎでも髪が痛む
  • 海水や汗の塩分は髪につくとゴワゴワの原因になる
  • キューティクルが剥がれている所は水分が入りやすく、剥がれていない所は入りにくい。水分が入った所だけが膨張し髪のうねりの原因になる
  • 雨水には不純物が沢山入っている
  • 濡れた髪はキューティクルが開きやすくなり、キシミがでやすい
  • 髪が埃などで汚れてもきしみやすくなる

雨水は大部分が水であるが、微量の不純物を含んでいる。不純物の量は、雨水1リットル中に数mg - 数十mgのオーダーである。不純物の濃度は、雨の降り始めに濃い傾向があり、降り続くに従い、また雨量が増えるに従い薄くなっていく。また、季節や場所により大きく変動し、工業地帯では濃度が高い。
不純物の成分は煤などの燃焼由来の有機物、硫黄酸化物(硫酸)、窒素酸化物、塩素、ナトリウム、土壌由来の成分などで、重金属類が含まれることもある[5][36]。これらは雲が発生する際(レインアウト)、あるいは雨となって地上に落ちてくる際(ウォッシュアウト)、周囲の空気から取り込まれる。雨 - Wikipedia

この辺りをまとめると

「傷んだ髪の毛に雨や汗などの水分が付着すると水分が入った部分だけ膨張することで髪に不均一なうねりが発生し、汗の塩分や雨の中の不純物が髪に付着することや水分でキューティクルが開くことでキシミが発生する。」

このうねり+キシミが「チリチリ」の原因だと言えそうです。

ということで汗や雨にチリチリになる成分は入っていないんですね(原因はいっぱいありましたけど)

雨の日のチリチリの予防法

原因がわかったので予防法も見つけられそうです。

  • 余分な水分を吸わせないために髪にコーティングをすると良い
  • 流さなくていいトリートメントやヘアスプレー、ワックスなど
  • 縮毛矯正という手もある←それはやらない
  • ブローした時にしっかり乾かす←ドライヤーがないとダメ
  • 椿油もいいよ
  • ハードタイプのスプレーをクシに付けてとかすのもいい

結局「髪を不安定にする水分を与えない工夫」が大事なのですね。僕はお風呂あがりに馬油を顔と髪の毛にほんの少し付けてるんですが、朝の湯洗いでほとんど取れてしまうんですよね。でももしかすると若干残ってべたついている事が雨の埃などを余計に付着させてしまってギシギシの原因になってるのかも。と思い当たりました。

流さなくていいトリートメント、ちょっと調べてみましょうかね(良い物を見つけるまで広告は貼らない笑)

最後に

前髪って他の部分にくらべて傷みやすいしおでこの汗や雨もつきやすい。洗髪後というのはドライヤーを使ってしっかり乾かしたりするので髪が安定するのですが、急な雨などで濡れるとそのまま放置しがちになって「髪が不安定なまま乾燥してうねり、塩分やほこりできしみがでる」ことになるのですね。

ヘルメットをかぶることもあってジェルやスプレーなどのスタイリング剤を使わないから余計うねりが出やすくなるんだなと思いました。ということで明日から会社にドライヤーとトリートメント剤とワックスと・・・ウソですよ。でも何か良さそうなものを探してみようと思います。