読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

「白色ワセリン」は天然由来成分というか「石油」です

☆雑感☆ ☆雑感☆-雑学ネタ

花粉症、来ました。目がピクピク、鼻がじゅるじゅる。自転車通勤してるんだけど不織布のマスクをすると呼気で濡れてビショビショになるのが嫌だなあと思ってたら今これを見つけたんですよ。手洗いで繰り返し使えるリバーシブルのマスク。さっきポチったら到着は2月20日頃、だって。なんで1周間もかかるんだろう。

 

 これはスキンヘッドのマネキンさん。つっちん(id:Daisuke-Tsuchiya)ではないのであしからず(笑)

でも・・・似てるwww

f:id:masaki709:20160214002344p:plain

一緒やんwwwwお腹痛い。

 

www.in-activism.com

 

話がそれた。

花粉症の対策の一つに「ワセリン」を鼻の粘膜の保護などに使いましょう、というのがあったんですよ。鼻の中以外にも目の周りや鼻の下あたりにワセリンを塗ると皮膚に花粉が直接つくのが防げるからいいですよ、って。

でも、そこによく出てくるオススメのワセリン、「白色ワセリン」。

某ページにはこんなふうに書いてあります。

白色ワセリンは天然由来の成分でできてるから副作用も少なくて安心、だから軟膏とかクリームの原料にも使われてます。

いや、確かに天然由来の成分ですよ?

f:id:masaki709:20160214003302j:plain

こんな船にのって日本にやってくる「石油」ですけど。

このページにものってますけど、

白色ワセリンの副作用【ワセリンの副作用症状一覧表】

ワセリンを塗った時に紫外線を浴びると油焼けとよばれるシミやくすみのリスクがあるということのようですね。あと数ページ読みましたが、昔より精製の技術が高くなったことでシミの原因になる不純物が取り除かれて来たので安心、というものもありました。

どれを信じるかはそれぞれの自由ですし、ワセリンを使うななんて僕は言うつもりないですから。でも「天然由来成分」と効くのと「石油を精製したもの」ではイメージが大分違うような気がするんですけど気のせいでしょうかね。

保湿のために使われるワセリンというのは、皮膚に水分を与えるものではなく、「皮膚中の水分が外に逃げないようにフタをする」役割をするそうです。なので、いちばんいい使い方は「入浴後すぐに水分でしっとりしている皮膚にワセリンを塗って皮膚にフタをする」のがベストだそうです。

僕はワセリンを使わずソンバーユ一択なんですが、お風呂から出て顔を拭いたらすぐにソンバーユを塗ってます(なにこのおしゃれさんアピール笑)

honeysuckle.hatenablog.jp

 @COSMEでも殿堂入りする商品ですからね。ほんの少し指に取って、両手でこすりあわせて手の温度を与えてやると液状っぽくなるので塗りやすいです。

www.cosme.net

 気になる人は買ってみてもいいかも!

花粉症にワセリンがいいと聞いてからは朝の洗顔後にもごくごく微量のソンバーユをつけてます。ワセリンは皮膚薬を塗った上に塗ると皮膚薬の上にコーティングをするような役割になるので効果が持続しやすい、と聞いたことがありますよ(特に乾燥肌とか湿疹など)

 

追伸
うんうんうん、ブコメ読んでます。確かに天然由来成分なんですよ。地中にある原油は元をたどれば大昔の植物が・・・ですもんね。でもただきちんとした薬品メーカーであれば原料はきちんと表記するんですが、先述のような「天然由来の成分だからお肌に優しくてうんぬんかんぬん」をそのまま置き換えて「元は原油だからお肌に優しくてうんぬんかんぬん」とすることは出来ないわけで。

気分的に「消防署の方から来ました」って消火器を売られてるような気分というか。もちろん馬油は僕の肌にたまたま合っただけなのでアレルギーが出る人もいるでしょうし、メーカーはもちろんパッチテストをしてから使って下さいと表記されてます。

ワセリンがダメだ、馬油がいい、の話ではなくて「誘い言葉」のお話として読んで頂けると幸いです(笑)