読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

一条輝は早瀬未沙を選び、檜山ひかるは春日恭介にフラレた←ただのヒカルつながり

☆雑感☆ ☆雑感☆-思うがまま
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

中原めいこの「鏡の中のアクトレス」を耳にしまして。「あ~きまぐれオレンジ☆ロード、懐かしいな」と。中原めいこの跳びはねるような歌って良かったなあ。

優柔不断男の春日恭介、大人っぽく突っ張った感じの鮎川まどか、素直で可愛い檜山ひかる。微妙な三角関係が続きながら最後の最後は音楽のために渡米する直前に決着し、恭介はひかるに土下座、ひかるは恭介に平手打ち、ひかるはまどかと抱き合って泣く展開。で、まどかが日本に戻ってきた時に「LIKE!限りなくLOVEに近い」と恭介に言って恭介とまどかは付き合って同じ大学に進学したんだっけ。

 漫画、TVアニメ、OVAとかで微妙にストーリーが違うんですよね。夏休みとかにテレビでまとめて見た記憶があるなぁ。喫茶abcb(アバカブ)懐かしい。

 

きまぐれオレンジロード (豪華版) 全10巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

きまぐれオレンジロード (豪華版) 全10巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

 

 でも、OVAの「あの日にかえりたい」は見なきゃ良かった。くすぐったい三角関係が売りのきまぐれオレンジ☆ロードなのに完全に関係が崩れた3人の話。

ポンコツ映画愛護協会『きまぐれオレンジ☆ロード あの日にかえりたい』

これはキツイ。すべて思い出してしまう。

「無視しないでよ!!」「いい加減にしてくれよ!」こんなセリフはきまぐれオレンジ☆ロードにはどうひっくり返ったって出てこないセリフなんだけど。恭介はひたすらひかるを無視し、ひかるはひたすら最後に泣き続け、まどかは冷たい。

そうだ、僕は鮎川よりひかるちゃんがすきだったんだ。

そりゃピックを隠し持ってて投げて武器にする元ツッパリの「ピックのまどか」が実は両親は音楽家で運動神経抜群で賢くて美人でツンとしているにしても、「ねぇダーリン、ダーリン」と慕ってくれるひかるのほうが可愛いにきまってるじゃない。

・・・決まってないのか、そうか。

そう、そしてもう一人のひかるを思い出した。一条輝。マクロスよマクロス。マ~クロ~ス♪

賞金稼ぎパイロットだった一条輝がたまたまマクロスに乗ることになり、出会ったミンメイを守りたいという思いから統合軍のパイロットに。口うるさい上官として登場する早瀬未沙中尉とミンメイとでいつの間にやら三角関係。ミンメイは歌手として成長し、一条輝は軍人として成長し、未沙は軍人から女性らしくなり妻となり母になる。

最後は一条輝、一条未沙ともに行方不明になっちゃうんですよね。

このシーン、見るだけでセリフ思い出すもんなぁ。

youtu.be

「アルケス、ナ、カールチュンマイクラーン、ダンツプロトカルチャー」
 ↑これじゃない

 

「7018アドクラス艦隊よりマクロスへこれより貴艦を援護する」
「援護?」
「えっ」
「プロトカルチャーの文化を失うわけにはまいりません」
「リン・ミンメイの歌を聞く全ての者に告げる。我らの敵はただ一つゴルグ・ボドルザーを倒し再び文化を取り戻すのだ」

 このシーンで何リットルの涙を流したことか。

 

でもこの超時空要塞マクロスの一条輝は二歳上のおばさんこと早瀬未沙を選び、世界的宇宙的歌手のリン・ミンメイを振るわけです。ちょっとおかしくない?まるで僕が向こうから抱きついてくる松下奈緒さんを振るくらいの勢いじゃないですか(笑)いやそんなこと宇宙がひっくりかえってもありませんからすいませんすいません待ってますw

ちょっとショックだったのはリン・ミンメイの声優さん、飯島真理さんがテレビに出てきて「愛・おぼえていますか」を歌った時。それ以上は聞かないで。

それを思うと森口博子さんって美人だし歌上手いよね←こらこらこら

 このDVD出るときに森口さんにツイートしたらお返事くれはって「ぜひ買って!」とおっしゃって頂いたんだがまだ買ってない。すみません!

youtu.be

 

さて、本日も思い出ばなしにお付き合いいただきありがとうございました。