読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

ハンモックで寝る時の寒さ対策。

☆特集☆-ハンモック ☆特集☆
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

久し振りにハンモックのお話。

ハンモック?なにそれ?という方はこちらから。

honeysuckle.hatenablog.jp

かれこれ4ヶ月ほどほぼ毎日ハンモックで寝ています。効能については↑ここの記事をいろいろ見てもらえるといいかも。

  • 寝返りが要らないので眠りが深くなる
  • 体圧が分散されるので腰痛が軽減される
  • 床で寝るよりもハウスダストなどを吸い込みにくい
  • 夏はカラダの下を空気が通るので涼しい。

さて、夏は涼しくていいんだけど、冬は正直なところ寒い。寝袋を買ったりハンモックの生地を布地に変えたりしてたけど寒い。で、いろいろと試行錯誤を繰り返した結果、これが一番温かいという方法がわかったので述べておこうと思います。

必要なもの:毛布、ヒモ(太くてもいい、1mもいらない)これだけ。

 

ハンモックを持ってる人ならわかると思うんですが、ハンモックの上に毛布を掛けるとだんだん真ん中にずれて集まってきてしまうんです。そりゃお腹あたりが一番低くなってるから。そして揺れたりしてるあいだに足元の毛布がずり落ちて、気がついたら毛布は完全に足元に横たわってる。もうハンモックあるあるだと思うんですよ。

そこで毛布にヒモをつけるのがおすすめ。

毛布の足元側、真ん中にヒモを結び、そのヒモをハンモックのフック部分に引っ掛けます。またはハンモックの足がわのロープなどに結びつけます。

ようするにこういうこと。

f:id:masaki709:20160128230138j:plain

足元の真ん中あたりにヒモをつける。こらこら「栞」とか言わないよ。

 

f:id:masaki709:20160128225138j:plain

こうすると足元の毛布は中央部分で固定されます。左にも右にもずれないので「足元からずり落ちる」がなくなります。

広げた毛布はハンモックの上からバサッと掛けるのでもいいですし、ハンモックの内側に入れてカラダを巻き込むのでもOKですが、毛布一枚でめちゃくちゃ温かい!

ハンモッカーでさむがりな方、ぜひお試し下さい!もちろんこれで毎晩寝てます。