読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

文体模写したブログ記事をロゴーンで文章解析してみた。結果はまさかの!

☆雑感☆ ☆雑感☆-思うがまま
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

文体診断で文章を解析!形態素解析を使って評価しよう。 - ハンバート友幸の庭

文体診断ロゴーンというサイトがある。そこに自分で書いた文章を貼り付けると、文章を解析してくれたうえ、日本の有名な作家の誰に文体が近いか、誰に遠いかを教えてくれるもの。

Facebookの記事で昔一度やったことがあるんだけど、このブログではやったことがなかったのでやってみたくなった。

もしかしてアレを文体診断したらもしかしてあの人、出てきちゃったりして?

honeysuckle.hatenablog.jp

 記事をまるまるコピーしてロゴーンのサイトに貼り付けるだけ。

logoon.org

で、診断するボタンを押したらすぐ結果が出てきますよ。

結果の一つ目、どん。

f:id:masaki709:20160107222953j:plain

松たか子があらわれた。松たか子の文章というものを読んだことがないのだが、そう言われるあたり似ているのだろう。調べてみると松たか子の本「松のひとりごと」という本の文体との評価で似ていると診断されたらしい。

松のひとりごと (朝日文庫)

松のひとりごと (朝日文庫)

 

でも多分おそらく間違いなく読むことはないと思われ。でも歌の「明日、春が来たら」はめっさ好き。でも会いに行く君は松たか子じゃなくて松下奈緒さまだからね。

youtu.be

そして一致指数のワースト3。

f:id:masaki709:20160107224211j:plain

岡倉天心ってフェノロサとワンセットでおぼえる、くらいしか記憶になくてごめん。田山花袋=布団、小林多喜二=蟹工船みたいなもの。僕はそれよりも吉川英治の名前のほうが嬉しい。吉川英治が苦手なんですよ。何度「三国志」を読んでも途中で失神というか湿疹というか。好きな作家の本を読むと心に染み込むんですけど、苦手な作家の方の本を読むというのはちょっと修行に近いものがあるので。

次、文章評価。

f:id:masaki709:20160107224652j:plain

まぁ個性的ですなね。文体をわざわざ模写してるんだから。

そして得点の詳細。

f:id:masaki709:20160107224856j:plain

すごいね、こんなふうにちゃんと解析をほんの1秒ほどでやっちゃうんだから。大学生の時に国語学で文法の解析をパソコンでシコシコとやったのを思い出しました。たけくらべの「へ」と「に」について調べたんだっけ。

そう、そもそも司馬遼太郎の文体模写したブログ記事を解析したら「司馬遼太郎に似てます」って結果がでちゃいました、てへっという記事を書くつもりでやったんだけど・・・でない。なんで出ないんだろうと思ったら。

テキストの一覧

そもそも64人の中に司馬遼太郎が入っていなかったという。なーんだ。

蟹工船があるなら司馬遼太郎も入れとけよぅ、と思いました。

f:id:masaki709:20160107230127j:plain

まああの・・・蟹光線、ということで。