読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

大晦日に年越しそば、正月には年明けうどんがそろそろ来る?

☆雑感☆ ☆雑感☆-思うがまま
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

※さて、これは大掃除をサボって書いた年末の記事です。

スーパーに買い物に行ってきました。売り場はいつもより様変わりして、紅白のかまぼことか「おせち承ります」とか里芋とか金時人参とかお正月モード。

あえてここは「スーパーめ、いつもなら安いかまぼこをこんな値段で売りやがって」などとつぶやくのはやめておいて、年明けうどんの話でもしましょう。

年明けうどん、知ってますか?

 いや、年明けうどんを語る前に年越しそばを確認しておきましょう。

年越し蕎麦とは、大晦日に縁起を担いで食べる蕎麦で、歳末の日本の風物詩ともなっている、日本の文化であり風習である。(中略)江戸時代には定着した日本の風習であり、蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、大晦日の晩の年越し前に食べる蕎麦である。2012年現在、大晦日に年越しそばを食べる人は57.6パーセントにのぼり、文化として深く定着していることが窺える。日本各地に見られる文化であり、地域の特色の現れたさまざまな形式のそばが存在する。

年越し蕎麦 - Wikipedia

 そう、スーパーにはお蕎麦はもちろん、そばの出汁、天カス、にしん、海老天やかきあげなど「年越しそば」専用コーナーも設けられるほどの定番。大晦日に少し早い晩ごはんを食べたあと、23時ごろに小腹がすいた時に食べるのが私流。うちの家族メンバーによっては晩ごはんに一緒に食べてしまったり。

このように日本で行事のようになった年越しそばというのはそばの製麺メーカーやダシのメーカー、スーパーのデリカコーナーなども巻き込んで一大儲け時期になるわけです。まぁサラッと食べられるそばだけに嫌いな人もあまりいないだろうし。

さて、そんな年越しそばに羨望の眼差しを送っていたのが2008年のさぬきうどん振興協議会なる組織。2000年代に入ると麺などに使われる小麦の使用量が少なくなってきたこと、年越しそば位しか国民に受け入れられている麺を食べる行事がないことから、うどんを消費する行事を作ろうじゃないかということで話をまとめて出来上がったのがこれ、

年明けうどん、である。

年明けうどん - Wikipedia

真っ白なうどんと人参、赤いかまぼこなどの紅を一品付け加えることでおめでたい紅白を表現し、それを食した人の一年の健康を願うという想いを付け加えたそうな。まぁ確かにめでたいし、紅白で健康祈願といえば縁起もよさそうだ、さらに胃にも優しい。

しかしこの急造イベントっぽさが男性グループの光GENJIが流行った時に女子を寄せ集めて作った紫SHIKIBUを作ろうとしたのに似ているような(これは年明けうどん以上にコケた。いろいろ検索してみたが企画の存在自体みつからない)。

だいたい年明けというのは食事をとる時間も適当で(うちだけか)朝9時頃にもぞもぞと起きだして軽くおせちなどをつまみ、実家に移動して実家のおせちをつまみ、夕方までグダグダしたあげく回転寿司に行ってみたりして規則正しい食生活が送れないものだ。そのどのタイミングにうどんをつっこむかが難題。「あーなんだかお腹いっぱいで食欲ないなぁ」というのが3日間ほど続くんだから。

「おせちもいいけどカレーもね」はおせち料理に飽きるのが早い子供たちにはとても受け入れられたように思うけど、年明けうどんって・・・めでたいけどダサい(笑)

さて、2008年に企画されて以来、毎年少しづつイベントを開催したりして知名度をあげようと頑張っている年明けうどん。来年もぜひ頑張って欲しい応援している(棒読み)

と思ったら、こんな素敵な年明けうどんイベントが香川県で行われる模様。1月12日、13日の限定だけど、香川県にいる方、いく方は要チェック!(ちょっと応援している)

全国年明けうどん大会 2015 in さぬき

 

 なに!うどんに梅干しをつっこめだと!!(梅干し嫌い)