読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

国がきちんと身分を証明できるカードをPRすれば交通事故は減るんじゃない?

☆雑感☆ ☆雑感☆-雑学ネタ
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

ちょっとデータで見る高齢運転手が起こす事故

これは平成26年の警視庁のデータなんですけどね。

防ごう!高齢者の交通事故! :警視庁 

ここから表を拝借しました。

f:id:masaki709:20151129171110g:plain

この表は平成17年の交通事故発生件数を水色、総件数のうち65歳以上の高齢者がその事故に関与していた割合を%で表示したもの。

事故の発生件数は8万件から約半分に減っているのに、10%代だった高齢運転者関与のパーセンテージは倍に増えている。つまり「事故は減ったけど高齢者の運転する事故自体は増加している」と捉えることができそうです。

なぜ事故を起こしてしまったのか

f:id:masaki709:20151129171551g:plain

そして高齢者運転者が関与した事故のうち、高齢運転手が事故を起こした要因がこの表。つい発見、判断が遅れた、操作を間違ったという「とっさの緊急回避行動が取れなかった」ために起こった事故が全体の80%以上、となると高齢者は運転したらダメなんじゃないか、という話になっても当然だと思うんですよ。

と書いてる今でも目の前のテレビで「68歳の男性がブレーキとアクセルを踏み間違えて85歳の男性を轢き殺す、一旦バックした後に急発進」とかやってるわけで。

うやむやな運転免許交付はもうやめるべきだ

「いやいや、年寄りの中にも反射神経が衰えていない人もいる」「ちゃんと講習を受けた」「運転免許は持ってるんだから運転したっていいじゃないか」いろんな意見があるだろうし、そもそもそれらを決める政治家に高齢者が多いんだから「高齢者は運転するなよ」という議論に持って行きにくいのは分かる。

でも、「運転する能力のない人が運転をすることで事故をおこす」ことを見逃し続けるというのはいかがなものか。たとえば「毎年更新する免許証、免許証を与える代わりに反射神経、判断能力に対するテストを数値が見える形で行え」とかいうのはどうだろう。

たとえば反射神経のテストで80点以上取ることができなければ運転免許は許可しない、という絶対的設定をすることで「うやむやに免許を取れる」仕組みを潰してしまう。講習を受けたからいいんだとか2年前は取れたんだから今回も自動更新、とか視力と聴力はOKなんだからいいだろう、という「人的配慮のような合格基準」はなくしてしまうとか。

一番いいのは「運転したら事故を起こしそうな人には運転免許を与えない」ということだと思うんですよ。運転免許を持ってるから運転したくなるわけだし。で、そもそも運転免許をなぜ持ち続けたいかというと「身分証明するものがない」というのがあると思うんですよね。

すいません、タイトルの議題になるまでに1000文字まで来た(笑)

身分証明としての自動車免許証というもの

身分証明できるカードは多々あれど・・・

住基カードの様式2とか保険証、自動車免許、印鑑証明にパスポート。そして最近のマイナンバーカード。身分証明に使えるものは多いんだけど高齢者が持ち続けられるものって少ないんですよね。住基カードや印鑑証明、マイナンバーカードを持ち歩くなんて恐ろしいし、パスポートは海外旅行に行かなければ作ることもない。保険証を持ち歩くか自動車免許を持ち歩くくらいしか選択肢がないとも言えそうな。

※住基カードは様式1と様式2があるからね。様式1は身分証明としては使えないのでオラオラ書かないでね。全員が使えるものをほしいねという話だから。

だから免許証を持ち続ける、持ち続けるから運転する、運転するから事故をおこすということは少なくないんじゃないかなぁと思うんですよ。たとえば岐阜県の海津市は高齢者身分証明書というものを65歳以上になると市民の誰にでも発行し、市内の公共施設とか市内バスに対して割引をすることで運転することを減らしましょう、バスを使って移動しましょうという働きかけをしている好例だと思います。

高齢者身分証明書:高齢者|海津市

地方に住むと「1人1台車がないと不便」っていうのもわかるんですよ、僕も田舎暮らしだから。でもそこから高齢者用近距離タクシーとかバスとかの仕組みを作ったり雇用を作ったりはできるんじゃないかと思うんですよ、本気で考えたら。

運転免許証を自主返納したらもらえるカードがある

そして運転免許を持っていた、持っていたけどもう運転に自信がないけど返納したい、というのなら「運転経歴証明書」というのを発行してもらうこともできるようです。

f:id:masaki709:20151129174629g:plain

免許を返納する勇気 :警視庁

優待や割引などの特典が全国にあるし、平成24年4月1日以降に発行されたものであれば公的な身分証明書として一生使うことができます。こういうものをもっとPRすれば自信のない高齢運転手が自主返納することも増えるんじゃないかなあ。

しかしこれは運転免許を持っていた人のみ発行してもらえるもの。もし自動車免許を持ったことがない人はもちろんもらえないし、さっき書いたとおり身分証明できるものって結構少ない。この辺りをもう少し配慮する必要はあるんじゃないかな、高齢化社会。

将来推計人口でみる2035年の日本。国民の2.5人に1人が65歳以上の高齢者なんだとか。いろんなことを考えないといけないんでしょうね。あ、僕はギリギリセーフだ(笑)