読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

「えっ、これ自分の自転車?」とみちがえてしまうたった3つのメンテナンス

☆雑感☆ ☆雑感☆-雑学ネタ
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

自転車への愛情はどこに行っちゃったの?

f:id:masaki709:20151111220018j:plain

子供の頃初めて買ってもらった自転車。

自分をどこまでも遠くに連れて行ってくれる自転車。スピードを出すと風がヒューヒューと鳴り、景色をどんどん後ろに置いていく自転車。「盗まれたらどうしよう」と3分間自転車から離れるだけで鍵を必死に掛けていた自転車。

 

初めての自転車はとても愛情をかけて乗っていたと思うんです。

ところが。カラダが大きくなるにつれ買い直していく自転車はだんだんと実用向けになり、通学のもの、通勤のもの、移動手段になっていく。チェーンのあたりからジャリジャリ音がしてもタイヤの空気が少なくっても気にしない。盗まれたら安い自転車を買い直したらいいし、中古でも売ってるんだから。

そう、そうして大人になるにしたがって自転車の愛が失せていく人が多いんです。

 

さて、そこで。自転車を劇的に生まれ変わらせる3つのことを書こうと思います。もちろん、自転車に乗るのが趣味で毎週きちんとメンテしてるという人には物足りないものになります。でも、通勤通学でちょっと自転車に乗ってるけど自転車って疲れるし重いしダルいんだよねーという人には「おおっ」という内容だと思います。

3つやっても1時間もかからないです。でも手は汚れるので、今度の日曜日にでもぜひ頑張ってみてください(^_-)

ひとつめ。タイヤに空気を入れること。

んだよ、タイヤに空気は入ってるって!って言う人が多いと思いますが、走ってる自転車を眺めていて、「空気がちゃんと入ってるな」と思うママチャリの確立は10%以下です。ロードバイクなら90%、クロスバイクなら70%くらいはしっかり空気を入れているのに。

空気が少なくてぺったんこで走ってる自転車は当然ながら重いです。タイヤと地面の接地面積が多ければ多いほど抵抗が増えます。抵抗が増えるから重いんです。さっそうと走るロードバイクはひょろひょろと細いタイヤを履いてるのでびっくりするかもしれませんが、あれも接地面積を減らすことと、高圧の空気を入れることができるためにあんなタイヤを履いているんです。

本当は空気圧を測れる空気入れで適正な量を入れるのが一番いいんですが、そんなことにお金を出したくない、という方も多いと思うので・・・

最近自転車屋さんの店の前に「空気入れをご自由にご利用ください!」と書いてあるのを使わせてもらいましょう(^_-)無料のところもたくさんあります。

もしかしたら「入れすぎてパンクするじゃないか」と思うかもしれませんが(笑)まぁよっぽどことがないかぎり大丈夫です。時々指で押して確かめながら空気を入れましょう。目安としては「タイヤの側面を親指と人差指でギューとおもいっきり挟んでみてちょっとだけ凹むくらい」だと思います(スポーツバイクはのぞく)空気が少ないとペダルも重いしパンクしやすくなります。パンクというのは段差などで「ゴン!」とタイヤとホイールがぶつかった時に、タイヤの中のチューブが押しつぶされて穴があく(2箇所穴があくことが多いのでスネークバイト(蛇の噛み跡)などと呼びます)ことが多くなります。

それらを防ぐためにまずは「タイヤに空気をしっかり入れる」がまず一番。自分でちゃんとやろうというなら空気圧ゲージつきの空気入れをおすすめします。

 

二つ目。チェーンに油をさしてやろう

自転車というのはペダルを漕いだ力をホイールについたギヤに伝えることで走ります。ペダルとギヤは直接つなぐことができないので、チェーンを使って力を伝えるわけですが、そのチェーンが錆びてたり汚れてたり油が足りなかったりすると余分な力を使うことになってしまいます。

自転車屋さんに行くとチェーン洗浄材なども売ってますけど、それはもったいないので機械油を使いましょう。100円均一に売ってるもので十分です。

まず、ペダルを手に持ってペダルを逆回しに回してみましょう。この時のペダルの重さを覚えておいてください。

捨ててもいい古布などを用意します。最初はチェーンをグルグル回しながら多めに油をさします。油がチェーンに馴染んだところで古布で拭き取ります。おそらく布がサビとか汚れとかいろんなもので真っ黒に。拭き取れたらまた油をさしてグルグル回して拭き取ります。これを数回繰り返していくうちに拭きとる汚れがマシになってきます。

余分につけた油も汚れを引き寄せてしまうので、最後は油をさして拭きとったところで終わりです。拭きとっても肝心な部分には油が残ってるので大丈夫です。

さて、最初にやってみた「ペダルの逆回し」をしてみましょう。汚れが取れたチェーンの軽さを体験できると思います。

ただ、この作業は間違いなく汚れるので服装にはお気をつけを。軍手も怪我防止の為に必要です。

3つ目。サドルの高さを変えてみよう

普通に乗るだけならこれまでの2つで十分なんですが、もうちょっと「軽く漕いでみたい、スピードを出してみたい」ということならサドルの高さを変えてみるのをお勧めします。

初めて乗った自転車で調整するとき「サドルの高さはつま先が地面につくくらい」とかと習うことが多いんですが、これは転びそうになった時に子供が足をつけやすいから言うだけであって、快適に自転車を漕ぐにはちょっと低いんです。

もっとも足を滑らかに回転させる(ペダルを漕ぐ)ことができるサドルの高さは「ペダルにかかとを載せてペダルを回した時、膝がちょっと曲がるくらい、でサドルの高さを調整してみましょう。

たぶん「えっ高っ」と思うはずです。おそらくサドルにまたがると足が地面につきません。もしくはつま先がかろうじて地面をさわるかさわらないか。

危なかったらブレーキを掛けてとまったらいいんです。この高さに慣れれば降りるのもまったく難しくありません。要するに慣れです。これまで低いポジションで自転車を漕ぐことでつっかえていた足がなめらかに回せるようになると、ものすごく楽に自転車を漕ぐことが出来るようになります。そしてこの高さで走り慣れてくると足が一回り細くなりますので女性もぜひやってみてください。

最初は怖いかもしれませんけど実はこれが一番のオススメ。

自転車に乗れた時、貴方は風と一体化する

とか書くとかっこいいかと思ったら今ひとつでした(笑)あの頃の感動を再び味わってもらえれば最高だなぁ。本当はもっとメンテナンスするところもあるし、異音がする自転車は自転車屋さんに持ち込むのが一番なので。

ぜひ大事に乗って自転車を愛してやってください(^_-)という私は着々と次の一台の購入資金をコツコツと貯めてます(笑)

f:id:masaki709:20151111230114j:plain

狙ってるのはこのあたり。雨の日でも乗るので結局アルミバイクなんだよなぁ。