あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

ハンモックブロガー、ついに寝袋を買う【寝袋+ハンモック最強説】

 ハンモックと寝袋、最高のコンビかもしれません

ハンモックブロガーのサキです。冬以外はハンモックで睡眠を取っている私。
ハンモックで寝るには季節に合わせた『かぶりもの』が必要になるのですが、真夏ならタオルケット、季節によっては毛布など。そのチョイスを失敗するとな朝方に寒くて目がさめたりします。だいたい5時から6時の「一番いい時間」だから悔しい。

やっぱり冬は厳しいなぁ。でもハンモックの寝心地の良さは捨てがたい。かといって羽毛布団をバサッと掛けるのは無理っぽい。いろいろ悩みました。

やはりあれか・・・寝袋。

前々から考えていたのは「寝袋にすっぽり収まったままハンモックで寝る」というもの。寝袋の暖かさとハンモックの心地よさを合体させるというのは最高なんじゃないかと。そしてついに寝袋を購入しました。

※昨年購入したので型落ちになってしまいましたので、商品は最新型に張り替えておきますね。

 

マンション住まいで上下階があるためか真冬でも温かく、朝一番の寒い時間でも15℃近くあります。(ファンヒータの温度計調べ)。寝袋にはマミー型(ミイラが入ってるような棺桶っぽいやつ)と封筒型(四角い布団っぽいタイプ)の2つがあるのですが、身動きがとりやすそうな封筒型にしました。ちなみにマミー型というのはこういうものです。

 

あとは温度。このコールマンのパフォーマーは快適温度によってC/5、C/10、C/15に分かれています。C/5は快適温度が5℃。使用可能温度は0℃まで。耐寒温度が低いほど分厚くなって値段も高くなるから、程々のを選びました。

あとは洗濯機で丸洗いできる、というのがポイントですね。

いろいろな商品を見ていたのですが、やっぱり縫製が悪いとかチャックが壊れるとかいうレビューを見ると、コールマンとかモンベルとか有名どころを選んだほうが良さそうに思いました。凍死するわけではありませんが、洗濯するたびにほつれていったりすると残念ですので。 

そしてハンモック専用寝袋が到着、開封の儀はこちらの記事から。

 ハンモックの記事はこちらにまとめてあります。