読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

疲れた週末には金子みすゞの詩が沁みる

☆雑感☆ ☆雑感☆-思うがまま ☆雑感☆-真面目な話
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

f:id:masaki709:20151024220200j:plain

わたしと小鳥と鈴と

わたしが両手を広げても
お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥はわたしのように
地べたを早くは走れない

わたしが体をゆすっても
きれいな音は出ないけれど

あの鳴る鈴はわたしのように
たくさんな歌は知らないよ

鈴と小鳥と それからわたし
みんな違って みんないい

 

 

比べるということはとてもつまらない事だとわかっているはずなのに、ついつい人間って誰かと自分を比べて優越感を持ったり劣等感を抱いたりしてしまう。

誰々はいいクルマに乗ってるのにウチは安いのしか乗れない、とか、あの家は中古だけどウチは新築だ、とか若いだの老けてるだの、早いだの遅いだの、綺麗だ醜悪だの。

優劣感と劣等感をわざわざ自分で作ってしまって心を揺らしてしまうのが人間なんでしょうね。「みんな違って みんないい」と言われるだけでも心がやすらぎますよ。

 

今日はいつも以上に刺々しい言葉が目に痛い。他人は他人、自分は自分。他人を変えるよりも自分を変えたほうがずっと楽ですよ(^_-)みんな違ってみんないいんだから。