読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

プロレスの「カウント2.99!」から数学の根本的な問題にぶつかった話

☆雑感☆ ☆雑感☆-思うがまま
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

f:id:masaki709:20151006211141j:plain

夜中にプロレスやってたりしますね。たまに見てます。誰が有名な選手なのかもわからないんですが、技の難解さにはびっくりします^^

僕が見てた頃はスタン・ハンセンとブルーザー・ブロディVSジャンボ鶴田と天龍源一郎みたいなの。ああ、あと相撲タックル&ゴールデンアームボンバーの輪島!あれはどうみても弱そうだったなぁ(笑)

 

 

プロレスのレフェリーがカウントを取るじゃない?いいシーンになると

ワーン!ッツォーイ!・・・・おーっと2.99!!!

(ごめん、ッツォーイを1回使ってみたかってん笑)

みたいな見せ場のシーンがあるわけです。カウント3つ取ったら試合終わっちゃうから。倒れそうで倒れない、2.99くらいでみんなカウント3をとらせないのです。

で、ふと考えた。

2から3の間には2.9があり、2.99がある。

2.999があって2.9999があって2.99999があって・・・

 

3には永久にならないんじゃないの?というかそもそも0は1にならないんじゃないの?という問題。


0.9
0.99
0.999
0.9999
0.99999

ほら。1にはならんぞこれ。0はいったいいつ1になる諦めがつくのだろう。

 

そうそう、これも気持ち悪い。

1を3で割って3を掛けると1に戻れない不思議。

1÷3×3=0.99999・・・

 

こういうの、どうしてもスッキリしない。

こういうのを理解するというのがオトナになるっていうことなんだろうな。

 

KISSして

KISSして

 

 「幸せの答え導き出す方程式 探索中」 ああやっぱり柴咲コウ好き。