読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

オートマチック(AT)車とマニュアル(MT)車の違いを簡単に解説する(図入り)

☆雑感☆ ☆雑感☆-雑学ネタ
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

オートマチック車?マニュアルミッション車?

マニュアル車なんて運転することないんだから、オートマ限定でよくない?という話題が自動車教習所に通いだす学生さんの間に盛り上がるようです。でもそもそもオートマ車、マニュアル車ってどう違うのか、なんでオートマ車は楽なのかを知らないで「オートマでいい」とかって言っていいのかな、と思ったりもします。

じゃあ、簡単にこの違いを説明してみようと思います。そもそも昔、オートマってさ、トルコンとかノンクラとか呼んでたよね?

  • オートマ オートマチックトランスミッション
  • トルコン トルクコンバーター
  • ノンクラ ノンクラッチ

いや、これはただ書きたかっただけ(笑)なんか音がいい!トルコン!ノンクラ!

さて、オートマ車とマニュアル車の違いって何よ?と言われると答えられる人って結構すくない気がします。クラッチがないのがオートマ、クラッチがあるのがマニュアル。このくらいの違いしかよく分からなかったりしますよね。エンストの原因になりやすいのがクラッチの操作を失敗すること。だからオートマがいい、とかね。

じゃあオートマってなんでクラッチがないのにエンストしないのよ、というお話。簡単に言うからね。「突っ込みどころ満点」とか言わないの。

マニュアル車

 マニュアル車というのは要するにエンジンのパワーをそのまんまタイヤの軸につなぐのね。

f:id:masaki709:20150927203205j:plain

「え」って言うのはエンジン、右端の2つはタイヤね。エンジンのグルグル回るパワーをもった歯車をそのままタイヤの軸についてる歯車に当てようとすると金属同士がぶつかってすぐ壊れちゃうんですよね。だから歯車と歯車をそーっとつなぐ仕組みが必要なのです。それがクラッチ。すり合わせることでパワーを伝えていくから摺動(しゅうどう)とかいいますね。それを左足でうまくつなぐのがマニュアル車。

だからいきなりゴツン!とエンジンとタイヤをつなぐと歯車同士が無理やりくっついて、タイヤの「動かないでおこう」という力にエンジンのパワーが負けてしまうのでエンジンが止まってしまいます。それがエンストね。教習所でよくやるやつ。それを防ぐためにマニュアル車のクラッチをつなぐのは慎重につなぐんですよ。そっとつなぐとエンジンとタイヤの回転をうまくつなげるんですが、その操作が好きな人と嫌いな人がいますよねー。アクセル、ブレーキ、クラッチペダルの3つもあるとどうしてもややこしくなりますから。

 オートマチック車

「え」のエンジンとタイヤの軸の間に真っ赤なボックスが現れました。これがオートマチック車の特徴。

f:id:masaki709:20150927204612j:plain

この真っ赤な箱の中には油(オートマフルード=ATF)が入ってます。そしてギヤとギヤは直接繋がらず、エンジン側とタイヤ側からそれぞれ風車のようなものが向き合うように並んでいます。

さて問題。電気でクルクル回る扇風機の前にコンセントにさしていない扇風機を向かい合わせるとどうなるでしょうか。クルクル回る扇風機から出る風の力によって、回っていない扇風機も回り始めます。これと同じことがこの赤い箱の中で起きるのがオートマチック車です。

オートマ車でおきるクリープ現象ってなんだっけ

止まってる時。エンジンはアイドリングしながらもクルクル回ってますよね。このときにエンジン側の風車(油車だけどややこしいので風車にしときます)は回ってます。でもタイヤ側の風車がブレーキを掛けて止められてるから車は動かないんですよね。

でも、動く前に右足のブレーキを離すとします。するとエンジンの風車がタイヤ側の風車をオイルの中で動かし始めます。すると車がスルスルとゆっくり動き始めます。それがオートマ特有の「クリープ現象」ですね。勝手に動いちゃうの。これで事故をおこす車が結構いますよね。これがオートマ車です。

オートマ車は無駄なパワーがある?

「油の中で風車が間接的に動かしあう」間柄なので、エンジンの力をそのまんまタイヤは受けることができません。直接触れ合ってないからね。エンジンが100の力を出したとしてもタイヤ側には数%伝わらない力が出てきてしまいます。

「それって力の無駄遣いでもったいなくない?」という声が聞こえます。燃費を少しでも伸ばしたい自動車メーカーもアホではありません。この無駄になる力をどうにかして使えないものだろうか。

・・・そうだ、そこそこの力で風車が回りだしたら歯車同士をミッション車のようにつないでしまっちゃえば良くない?という考えがでてきます。そこで誕生したのが「ロックアップ機構」というやつ。

 走り始めてエンジンとタイヤがちょうどいい感じになるタイミングで風車どうしが合体して100%の力を伝えてくれるようになるんです。技術ってすごいですよねー。今ではほとんどのオートマ車に採用されています。

メリットとデメリット

さて、オートマ車とマニュアル車の違いをご説明できたところで、両方のメリットとデメリットを考えてみます。

  • マニュアル車のメリット
    ★エンジンの力をそのままタイヤに伝えることが出来る。余分な時間やロスになる力が起きない。
  • マニュアル車のデメリット
    ★上手にミッションを繋がないとエンストする。操作が面倒
  • オートマ車のメリット
    ★運転が楽。左足は使わず右足のアクセル、ブレーキだけでいい
  • オートマ車のデメリット
    ★ロスになるパワーや力を伝えるときにタイムラグがでる
     (ロックアップ機構をつけることで少しでも改善はできる)

たとえば大きな力が必要なダンプトラックやバスなどは今でもマニュアル車が多いです。それは最大限の力を使いたいから。でも普通の人が乗るような軽乗用車とか普通車などはマニュアル車はほとんどみかけません。ただ、スポーツカーは先ほどのムダになる時間、パワーが出ないためミッション車が多いですよね。ただこれも技術の進化によって今では「セミオートマ」というマニュアル車のようなことを自動でやってくれるのがついてたりもするんですけどね。

クラッチをつなごうがオートマチック車に乗ろうが運転するのは人であり、用途とか楽しみ方でオートマが偉いとかマニュアル車がダメとかその逆とかっていうのはないんですよね。ただ、こういう仕組みを知ってると「ああマニュアル車も運転できる免許を持っておいたほうが何かあった時に便利かな」とか思う人はいるかもしれませんね。バンやトラックなどで今だにマニュアル車はよく見かけますから。

さり気なくマニュアル車を華麗に運転する人って僕はカッコイイ、と思います(笑)今でも会社の車でトラックに載ってるのでバリバリ運転できますよ!