読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

自立式スタンドを使ったハンモック生活。くつろぎから睡眠まで使えます!

☆特集☆-ハンモック ☆特集☆
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

くつろぐだけじゃなく、睡眠もできるハンモック

避暑地やアスレチックでしか縁がなかったハンモック。あのユラユラ心地よさを家で楽しめる「ゆらふわモック」という自立式スタンドつきハンモックを購入し、テレビを見たりベッド代わりにハンモックで寝るようになって1年が過ぎました。

honeysuckle.hatenablog.jp

最初の一歩はここから始まりました。

そもそも、なぜハンモックで寝るようになったかというと、寝る時に使っていたマットレスが安物でクッションが悪く朝起きた時に体が痛いこと、湿気のためにカビてしまい代替え品を考えていたことから。で、買ってみたら利点がいろいろ出てきたのですっかり気にいってしまいました。そこでせっかくなので「睡眠をとるためのハンモック」というのもオススメしてみよう、今までに感じたメリットやデメリットも合わせて書いてみようと思いました。もちろん、くつろぐためのハンモックとしても最高ですよ!ソファーなんて要らなくなります。

ハンモックで睡眠を取ることの利点

  • 背中が涼しい
    体温の熱がこもりやすい敷ふとんと違い、上を向いて寝た時の背中が涼しいです。特にナイロン製、パラシュート素材のハンモックはヒンヤリ感が伝わります。
  • 洗えること
    タオルケットやシーツは洗えますが、マットレスや布団はそうそう洗えません。しかしハンモックは洗濯機で洗えますし、薄い生地のものなら半日もかからず乾きます。布団に付着しやすいハウスダストやダニなどに怯える必要もありません。
  • 眠りが深くなる
    寝ている時に暑さを感じると冷たい場所を求めて寝返りを打ったりします。布団と体の接地しているところは体の重みがかかるので重さによる痛みが出ると痛みから逃れるために寝返りを打ちます。寝返りを打つことはどうしても睡眠が浅くなることにつながり疲労が抜けにくくなたったり。しかしハンモックは背中に熱がこもらりにくく、緩やかに張られたハンモックに寝ることでは体重を分散させ(体圧分散)寝返りを打つ必要がなくなります。
    不眠症の方から「揺れている間にいつの間にか眠れるようになった」という声もあります。ゆらゆらが自然に眠りに誘うのかもしれません。
  • 腰痛持ちの人にもオススメ
    腰痛を持っている人は寝るときの姿勢によって痛みが出たりします。妙に沈み込むことでカラダが不自然なカーブを描いてしまい、部分的に痛みが出たりなど。それは布団では体圧分散ができにくいこと、腰にとって負担になりにくい姿勢を布団が作りにくいことによります。結局寝返りを打ったり腰の下に小さな座布団を入れて寝たりすることに。ハンモックは腰だけに負担がかからないので腰痛にも優しいです。

しかし、メリットだけではなくやっぱりデメリットもあります。実際ハンモックで寝ると困ってしまう部分はこんなこと。

ハンモックのデメリット

  • きゅうくつである
    ハンモックに包まれるように寝るので「包まれてる感」があるといえばいいですが「窮屈」に感じることもあります。自由なポーズで寝たい、という人には不向きかもしれません。
  • 下向きには寝れない
    僕も以前はうつぶせに寝てましたが、うつぶせで寝ると顎関節症に非常に悪いと事だったので上向きで寝るように変えました(顎の関節が一晩に1ミクロンずつずれるらしいですようつぶせ寝は)布団ならうつ伏せに寝転がって本を読んだりスマホをいじったりできますが、ハンモックでうつぶせになると・・・かなり苦しい。
  • 起きるのが面倒くさい
    体にピッタリとするので、起き上がるのが面倒。寝ている時に「ああ・・・トイレ行きたいな、でも面倒だな・・・」からの「ああっやっぱり無理!」が慌ただしい。起き上がるのにちょっとバランスが要りますので。
  • 冬の寒さ
    夏に快適な分、やはり冬にはそのままでは寒いです。私の場合はハンモック+寝袋というセットで寝ています。ここまでやるとかなり快適です。夏はハンモック、冬はベッドでというのもOKですね。私は今年から冬はマットレスで寝るようにしました。

オススメのハンモック(自立タイプ)

私が最初に買ったのはこれ。ゆらふわモック。こっちはAmazonで売っている方。

 楽天でも買えます!

ハンモックは体をすべて預けるので、信用出来ないメーカー、品質のものは使わない方がいいです。たとえばハンモックで寝ていていきなり破れたら頭を地面に叩きつけられますからね。土台が折れても同じ。きっと大怪我をすると思います。これは自立式にするためのスタンドとハンモックがセットになっています。折りたたみ式だからパイプを繋いだりする面倒がありません。

ただ、国外で作ってるから精度としてはいまひとつ。固定用ピンがゆがんでたので自分でカナヅチでコンコンと直したらぴったり合いました。以来1年以上毎日使い続けていますが本当に頑丈。ゆがんで組み立てにくいなどはありませんでした(体重60キロの男性です)

スタンドの耐荷重量を書いてない商品には絶対手を出さないほうがいいし、この「ゆらふわモック」のスタンドは耐荷重330kgにも合格しています。仮にうちの家族が全員乗っても大丈夫。乱暴に揺らしても不安定さもなく、ベアリングがフックに付いているので静かに揺れることができます。

しかし残念、スタンドは100点なんですがハンモック自体は化繊生地の匂いがけっこうきついのです。匂いを抱きしめて寝るのは辛いので、数日後にはハンモック弐号機ことパラシュート生地のハンモックを注文しました。そのまま使いたい場合は外に陰干しして風を通してやるとかなり薄れます。数週間で気にならなくなりました。

パラシュート生地で出来たハンモックです。軽くて丈夫。

 

パラシュート生地は薄いし強い。さらに匂いがない。洗えるしすぐ乾く。もうこれはパラシュート生地という名前より「ハンモック生地」と呼んだほうがいいんじゃないか?というくらいの出来です。

このハンモックの中にくるまるように入り込んで寝るととても快適なのですが、秋~冬~春の寒くなる時間帯に目が覚めたりします。どうやらパラシュート生地はサラッとした感触がある反面、生地の冷たさが寝てるカラダに伝わってくるんですよね。夏には本当に最高なのですが、秋からは対策が必要になってきます。

で、もう一つハンモックを買いました。安いからいろいろ試せるのもハンモックのいいところですね。買ったのは綿生地のタイプ。温かく柔らかいのです。

 

生地が分厚く目がしっかり細かいので暖かいのです。このように一年中使うのであれば季節によってちょっと工夫するとさらに快適になります。

一年を通してハンモックで寝るための方法

  • 春、秋
    パラシュート生地ハンモック↔綿生地ハンモックを室温で使い分け。長座布団を敷いたり毛布を掛けたりしてちょうどいい温度で

  • パラシュート生地ハンモック+タオルケット ※これ本当に最高です!!

  • お布団で寝るのももちろんアリですが、僕は綿生地ハンモック+寝袋を使ってました。(今はマットレス+布団で寝てます)

長座布団はしまむらなどで1000円くらいです。背中側というのは夏は涼しくてとても良いのですが、春や秋の朝少し冷えた日などはちょっと寒いくらいになります。そういう時に長座布団が背中に入ってると快適。

秋口のとある日のハンモックはこんな感じでした。

f:id:masaki709:20150924004729j:plain

防寒対策について

9月の終わり、10月の頭にかけて(地域差はありますが)朝の冷え込みで目が冷めたり「寒っ」と感じることが多くなってきます。ここで普通に布団生活に戻るのももちろんありですが、私はそのまま「秋仕様」「冬仕様」とチェンジしていきます。参考になるかもしれないので紹介しておきます。

「秋仕様」

秋と言っても「夏に近い」「冬に近い」で全然気温は変わりますので、それぞれにあわせて変えていきます。

  • ハンモック生地は「綿生地」のもの。
  • しまむらなどで売ってる長座布団(1000円くらい)をハンモックと自分の間に敷いて「下からの冷え」をシャットアウト
  • 上からかぶるものは夏のタオルケットから薄手の毛布、しっかりした毛布と厚みを増やす(断熱効果の高いもの)に変えていく
  • 足元に毛布を一枚置いておくと「朝のギュッと冷え込んだ」ときにハンモックごと被せられるのでオススメ
  • 寝るときのパジャマなどをぶ厚め(フリース生地など)に変えて、かぶる毛布などを薄くする方法もいいです。

寝る時というのは部屋の温度もわりと高いのですが、朝方の冷えとの差が激しくなるので「冷えたときの温度」に合わせて準備が必要です。毛布が一枚あると上からバサッとかけることができ、まるで「かいこのまゆ」のように外気をシャットアウトするので温かく眠ることが出来ます。一枚用意しておくと良いでしょう。

「冬仕様」

さきほど紹介した「ゆらふわモック」には専用の寝袋(シュラフ)があります。サイズもゆらふわモックに合わせてあり、締めるためのファスナーがシュラフの中央を通っているので開閉しやすく、ハンモックのネットに絡まない親切設計。これはかなり暖かいですが、それでも寒い場合はこれに毛布などを一枚上からかぶせると更に良いです。冬だけゆらふわモックに戻してこれを使うという選択肢はかなりアリ!です。

 

さて、僕のようにハンモック素材を変えている場合、布団を掛けたり寝袋を使ったり人によって様々。僕の場合は寝袋を使っています。このコールマンのC10は使用可能温度が5度とありますが、快適な温度は10度です。寝る部屋の「冷えるであろう時間の温度」に合わせて買うことが出来るのが寝袋のいいところです。僕の部屋はマンションなので真冬でも15度近くありますが、暑いときはファスナーを開けるなどで調整が出来るためこのタイプを選びました。これを寝袋の上にのせて潜り込む感じ。

 このように四角い素材をファスナーで締めるタイプを「封筒型寝袋」といいます。そしてもう一つ「マミー(ミイラ)型」というのもありますよ。これに入ればまさにミイラのように快適(ミイラになったことはないんですけど)

寝袋を買うときに是非考えておいてほしいのは「丸洗いOK」のものを選ぶこと。寝るときはやはり汗もかきますし、体からでる油脂などで汚れることもあります。快適に寝るためには洗濯機で丸洗いできるタイプを是非おすすめします。

寝袋を使わなくても毛布+布団、ダブル毛布などで寝るのも大丈夫ですよ。僕の場合は寝相が悪いので気づいたら毛布がずり落ちて朝方寒いことが多いので寝袋で寝ていました。

憧れのハンモック

そしてもう一点!!アメリカでナンバーワンをとったというスタンド式ハンモック。値段もなかなかビッグですけどこれめちゃくちゃ欲しくなったんです。

f:id:masaki709:20160709081915j:plain

  • 耐荷重200キロ!
  • 幅がおよそ160センチ!横向きに寝転べるワイドサイズ
  • ハンモックの引っ掛ける位置が12段階に変更可能、自分にピッタリのポジションを選べる
  • イタリアの高級生地と同じ織り方で肌触り滑らか、耐久性が高い
  • 自立用スタンドは高級外車と同じ塗装方法で屋外の使用もOK!

ポジションが12段階で選べるというのはすごい。体を起こしてテレビを見たり、足がむくんでいるので足を少しだけ高くしたい等々の目的に合わせてポジションを変えられるとは!

Amazonでも楽天でもどちらでも買えますよ!

 ポイントが貯まる分、楽天のほうがおトクですかね!

最初からこの1台を買っておけば良かったな・・・ と言ってるうちに・・・

ついにビブレ社のハンモックを購入しました!!

頑丈さが全然違う。たかがハンモックにこれだけのフレームを用意するとは・・・

さっそく組み立ててみました。幅が120センチあるので置き場の確認はしておいてくださいね!

広い!めちゃくちゃ広い!そして揺れてもびくともしない!

寝転んでだらだらとテレビを見ることも出来るし、身体を起こせばソファー代わり。

肌触りは綿ハンモックに似てます。ザラッとした感じが気持ちいい。

詳しいレビューは別の記事に書いてあります。

www.nubatamanon.com

 

柱や壁に固定するタイプは?

ネットなどを見ていると、固定金具とセットでハンモックを販売しているものもあります。自宅の柱や梁に自分で金具を取り付けて、ハンモックを吊るすためだと思います。

私はマンション住まいでアンカーを打てばハンモックを固定できそうです。将来は古民家に住んでみたいという野望(?)も持っているので梁や柱に金具を固定して、景色を見ながらハンモックに揺られたいと考えたこともあります。

そんな話を住宅の専門家にしたことがありますが、とんでもない!と言われてしまいました。

  • 壁は引っ張られることに対する強度なんて計算して作られていないよ
  • 柱は垂直の重みを支えるもの、ハンモック?横の力を加えてはダメ
  • マンションの壁や柱にアンカー?スッポ抜けて大怪我したくなかったらやめとき
  • 梁も一緒、ハンモックの長さしだいで勝手なところに金具なんてつけたらダメ!

「ハンモックで寝てていきなり金具がすっぽぬけて怪我したらどこが一番損傷すると思う?」

「頭?」

「頭ならたんこぶで済むかもしれないけど、頚椎損傷したらマヒや呼吸障害、筋力低下など一生に関わるからな。本気ならプロの大工や建築士にお金を出してみてもらえよ」

そこまで言われると意思消沈・・・自立式で十分です僕には。強度に対するリスクは十分取れてますからね。200kg以上の耐荷重量のものに60kgで載ってるんですから。

もちろん、くつろぐための「ハンモックチェア」としても最高!

すっかりベッドのように使っている私ですが、休みの日にはくつろぐためにも使っています。読書してるつもりがつい寝てしまってたりするんですけどね。

  • 頭の方をすこし高くしてチェア代わりにしてテレビを見る
  • サイドテーブルを持ってきて横に置き、飲み物を飲みながら読書
  • ノートパソコン用のサイドテーブルを使ってブログを書く

寝転がって不自然な姿勢で読書をしたりテレビを見るよりはずっと楽な姿勢で楽しむ事ができます。例えばこんなサイドテーブルがあるとネットサーフィンもはかどります。

 

これまでは「避暑地でのんびりくつろぐもの」としか思っていなかったハンモックが毎日心地よく過ごせるためのものになるとは思いませんでした。そして昼間やリラックスタイムはソファー代わり、夜はベッド代わりにも使える。なかなか使い勝手がいいです。

最後に

特に夏、涼しく寝たいという人には自立式ハンモックはピッタリの商品だと思います。是非おすすめのアイテムです!ベッドを置くと窮屈なワンルーム住まいの方などにも良いかもしれませんね。心だけでもトロピカルな気分になれることうけあい!

f:id:masaki709:20160807220939j:plain