あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

自立式のハンモックは寝心地最高!ハンモックで朝まで睡眠

くつろぐだけではなく、睡眠もできるハンモックのすすめ

f:id:masaki709:20170324000853j:plain

一度乗ってしまえばあの「ゆらゆらした心地よさ」のとりこになってしまうハンモック。

しかしいざ設置しようとすると「木が生えていない」「柱が細い」「壁に穴があけられない」ということで諦めてしまうことも多いと思います。

そんな中、ふと見つけた自立式スタンドつきハンモックを購入し、テレビを見たりベッド代わりにして寝るようになって2年目なのが私。

 最初の一歩はここから始まりました。

なぜハンモックで寝るようになったかというと、寝る時に使っていたマットレスが安物で朝起きた時に体が痛いことと、湿気のためにカビてしまい買い替えを考えていたことから。

ハンモックに乗ることの利点

  • 背中が涼しい
    体温の熱がこもりやすい敷ふとんと違い、上を向いて寝た時の背中が涼しいです。特にナイロン製、パラシュート素材のものはヒンヤリ感が伝わってきて本当に涼しいです!夏本当におすすめ!

  • 洗えること
    タオルケットやシーツは洗えますが、マットレスや布団はそうそう洗えません。しかしハンモックは洗濯機で洗うことができる上、薄い生地のものなら半日もかからず乾きます。布団に付着しやすいハウスダストやダニなどに怯える必要もありません。

  • 眠りが深くなる
    背中に熱がこもりにくく、緩やかに張られたハンモックに寝ることは体重を分散させ(体圧分散)寝返りを打つ必要がなくなります。
    不眠症の方から「揺れている間にいつの間にか眠れるようになった」という声もあります。ゆらゆらが自然に眠りに誘うのかもしれません。

しかし、メリットだけではなくやっぱりデメリットもあります。実際寝ると困ってしまう部分はこんなこと。

ハンモックに乗って困ること

  • きゅうくつに感じることも
    「包まれてる感」があるといえばいいですが「きゅうくつだな」と感じることもあります。自由なポーズで寝たい、という人には不向きかもしれません。

  • 下向きには寝れない
    僕も以前はうつぶせに寝てましたが、うつぶせで寝ると顎関節症に非常に悪いと事だったので上向きで寝るように変えました。布団ならうつ伏せに寝転がって本を読んだりスマホをいじったりできますが、ハンモックでうつぶせになると・・・ちょっと無理があります。

  • 起きるのが面倒くさい
    寝ている時に「ああ・・・トイレ行きたいな、でも面倒だな・・・」からの「ああっやっぱり無理!」が慌ただしい。起き上がるのにちょっとコツがいります。すぐに慣れるので大丈夫です。

  • 冬の寒さ
    夏に快適な分、やはり冬にはそのままでは寒いです。私の場合はハンモック+寝袋というセットで寝ていました(今はしっかりしたマットレスで寝ています)快適に眠ることができる環境をいろいろ考えるのも楽しいです。

おすすめのハンモック(自立タイプ)

私が最初に買ったのはこれ。ゆらふわモック。こっちはAmazonで売っている方。

楽天でも取り扱っています。値段の変動がありますので両方見比べて買うのが良いと思います。

 


ちょっと調べるとインターネット上では沢山の商品が販売されています。絶対にチェックしてほしいのは「何kgに耐えることが出来るか(耐荷重量)」の記載があるかどうかです。これがないものはいくら安くても絶対に買わないほうがいいです。

この「ゆらふわモック」のスタンドは耐荷重330kgにも合格しています。仮にうちの家族が全員乗っても大丈夫。乱暴に揺らしても不安定さもなく、フックに回転するベアリングが付いているので静かに揺れることができます。 このハンモック、1年以上毎日使い続けました本当に頑丈。ゆがんで組み立てにくいなどはありませんでした(体重60キロの男性です)

この商品は自立式にするためのスタンドがセットになっています。折りたたみ式だからパイプを繋いだりする面倒がありません。畳んである状態から実際の使用する形にするまで1分とかかりません。

しかし残念、スタンドは100点なんですが生地の匂いがきついのと安定感がいまひとつです。数日後には二つ目、パラシュート生地のハンモックを注文しました。そのまま使いたい場合は外に陰干しして風を通してやるとかなり薄れます。数週間で気にならなくなりました。

これはパラシュート生地で出来たもの。軽くて丈夫。

パラシュート生地は薄いし強い。さらに匂いがない。洗えるしすぐ乾く。もうこれはパラシュート生地という名前より「ハンモック生地」と呼んだほうがいいんじゃないか?というくらいの出来です。ある日のハンモックはこんな感じでした。

 

f:id:masaki709:20150924004729j:plain

ハンモックの秋と冬

9月の終わり、10月の頭にかけて(地域差はありますが)朝の冷え込みで目が冷めてしまうことが多くなってきます。ここで普通に布団生活に戻るのもありですが、私はそのままハンモックを使い続けた年がありました。「秋仕様」「冬仕様」です。

「秋仕様」

秋と言っても「夏に近い」「冬に近い」で全然気温は変わりますので、それぞれにあわせて変えていきます。

  • ハンモック生地は厚めのものを
  • しまむらなどで売ってる長座布団(1000円くらい)をハンモックと自分の間に敷いて「下からの冷え」をシャットアウト
  • タオルケットで寝ていた人はしっかりした毛布へと厚みを増やす
  • 足元に毛布を一枚置いておくと「朝のギュッと冷え込んだ」ときにまるごと被せられるのでオススメ
  • 寝るときのパジャマなどをぶ厚め(フリース生地など)に変えて、かぶる毛布などを薄くする方法もいいです。

寝る時というのは部屋の温度もわりと高いのですが、朝方の冷えとの差が激しくなるので「冷えたときの温度」に合わせて準備が必要です。毛布が一枚あると上からバサッとかけることができ、まるで「かいこのまゆ」のように外気をシャットアウトするので温かく眠ることが出来ます。一枚用意しておくと良いでしょう。

「冬仕様」

夏は薄い生地、冬は分厚い生地と素材を変えている場合、冬は布団を掛けたり寝袋を使ったり人によって様々です。僕の場合は寝袋を使っていました。このコールマンのC10は使用可能温度が5度とありますが、快適な温度は10度です。寝る部屋の「冷えるであろう時間の温度」に合わせて買うことが出来るのが寝袋のいいところです。

全米ナンバーワン!ビッグなハンモックを買いました

そしてもう一点!!アメリカでナンバーワンをとったというスタンド式ハンモック。値段も少し高かったのですが欲しくなったんです。

  • 耐荷重200キロ!
  • 幅がおよそ160センチ!横向きに寝転べるワイドサイズ
  • ハンモックの引っ掛ける位置が12段階に変更可能、自分にピッタリのポジションを選べる
  • イタリアの高級生地と同じ織り方で肌触り滑らか、耐久性が高い
  • 自立用スタンドは高級外車と同じ塗装方法で屋外の使用でもOK!

Amazonでも楽天でもどちらでも買えますよ!

 ポイントが貯まる分、楽天のほうがおトクです。今なら持ち運びに便利なバッグがセットになっています。

ビブレ社のハンモックの開封レビューをご紹介します

頑丈さが段違いです。たかがハンモックにこれだけのフレームを用意するとは・・・私の足(25cm)と比較してみていただけるとよくわかると思います。

さっそく組み立ててみました。幅が120センチあるので置き場の確認はしておいてくださいね!

広い!めちゃくちゃ広い!そして揺れてもびくともしない!

寝転んでだらだらとテレビを見ることも出来るし、身体を起こせばソファー代わり。

肌触りは綿ハンモックに似てます。ザラッとした感じが気持ちいい。

詳しいレビューは別の記事に書いてあります。

www.nubatamanon.com

 くつろぐための「ハンモックチェア」としても最高!

すっかりベッドのように使っている私ですが、休みの日にはくつろぐためにも使っています。読書してるつもりがつい寝てしまってたりするんですけどね。

  • 頭の方をすこし高くしてチェア代わりにしてテレビを見る
  • サイドテーブルを持ってきて横に置き、飲み物を飲みながら読書
  • ノートパソコン用のサイドテーブルを使ってブログを書く

寝転がって不自然な姿勢で読書をしたりテレビを見るよりはずっと楽な姿勢で楽しむ事ができます。

最後に

特に夏、涼しく寝たいという人には自立式ハンモックはピッタリの商品だと思います。是非おすすめのアイテムです!ベッドを置くと窮屈なワンルーム住まいの方などにも良いかもしれませんね。心だけでもトロピカルな気分になれることうけあい!

広々とした部屋があるなら置きっぱなし、ビブレ社のものをおすすめします。毎日片付ける必要があるなら「ゆらふわモック」がおすすめです!

値段も僕が買ったころよりかなりお手頃になりました。これなら折りたたんで片付けて置くことが出来ますし、アウトドアに持っていっても大活躍してくれます。

購入を検討されている方に「オススメできるハンモック」をまとめてみました!

私のブログからAmazonだけで500を超えるハンモックを購入いただきました。それらを厳選し、「おすすめできるハンモック」としてまとめてあります。

柱も木もいらない「自立式ハンモック」、木などにくくりつけて使う「ハンモック単品」、気軽にハンモックのゆらぎを楽しむことが出来る「ハンモックチェア」に分けてあります。お値段も手頃なものでまとめてみました!お時間のあるときにどうぞ!