あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

初心者でも書ける!ブログは気軽に書こう

ブログはだれにでも書ける、ハードルなんてない

f:id:masaki709:20170316224841j:plain

誰もが最初は初心者です。それはブログでも一緒です。なのにブログを始めようとして「ブログ初心者」などと検索するとまあ出るわ出るわ。

「これだけは守らないとといけない○○個の約束」
「最低限覚えておくべき~」
「良いブログ記事の書き方」
「ブログで失敗しないたった1つのポイント」
「いまさら聞けない~」

こんなのすべてウソです。こうやって注目させて自分の記事を読ませたり、ブロガーサロンに引き込んでお金を巻き上げる手法だったりするので完全無視して下さい

これはただの独り言です聞き流してくださいね。

そんなにブログ書くって大げさなことなの?そんなに身構えないといけないものなの?ホントはもっと簡単でもっと気楽に好きなことを書いたらいいと思うんです。「どうやったら上手く書けるんだろう」なんて悩む必要もありません。だって「これがブログだ」なんていう模範解答がないんですから。

答えがない問題を一生懸命解こうとしても永遠に答えなんて見つかりませんし、そもそも問題を解く必要がない。難しい、上手く書かないとダメ、コツはこれ、失敗しないためには、と考える必要もまったくないのです。

だからさっきの初心者ブロガーさんをネガティブに導くああいう記事はただの罠だと思ってスルーすることをオススメします。だから誰でも始められるし、数行でもいいし、毎日じゃなくてもいい。ただ自分から外の世界に向かって何かを伝えられたらそれでいいじゃないですか、ブログって。そんなことをここで伝えられたらなあと思います。

ブログってなに?

ブログとは、個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なWebサイトの総称。内容としては時事ニュースや専門的トピックスに関して自らの専門や立場に根ざした分析や意見を表明したり、他のサイトの著者と議論したりする形式が多く、従来からある単なる日記サイト(著者の行動記録や身辺雑記)とは区別されることが多い。

 

ブログでは個人の行動の記録は重視されず(一切載せないわけではない)、世相や時事問題、専門的話題に関しての独自の情報や見解を掲載するという形式が主流となっている。また、ネット上で独自に見つけた面白いもの、変なもの、スクープなどを紹介し、そこにリンクを張って論評したり、街で見つけた話題(ネタ)を紹介するという記事も多い。

ブログとは|ウェブログ|blog - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

 僕もそう思います。でもこれってものすごく噛み砕いて言い表すと

自分が見たり聞いたり感じたことを、好きなように書いてウェブ上にアップすること。他の人から意見を聞いたり議論するのも楽しいかもよ。

ということです。これってそんなに難しいことですか?最低限覚えておかなくてはいけないルールなんて存在しますか?失敗することなんてありますか?

何を書いたらいいの?何を書いたらいけないの?

さっきの「ブログというものの正体」が分かればそんなに難しいことじゃないんですよね。「花が咲いてました」でも「毛が一本抜けました」でも「ああお小遣い足りない」でもいいんです。なんか自分から外に向かって言ってみたいひとことがあればなんでも。

ただ、自分がブログに書こうと打ち込むものがスマホだったりタブレットだったりデスクトップパソコンだったりノートパソコンだったりと「機械」であるのに対し、見る側というのはあくまでも自分と同じ「人間」なのだけは忘れないで欲しいです。

ブロガーの中には「わざと中傷させることで注目を集めて喜ぶ」炎上狙いというブロガーもいますが・・・品位を問われることになりますからおすすめしません。

ブログのネタの見つけ方

「書くことが見つからない」と嘆くブロガーさんは多いです。「変なことを書いて叩かれたら怖い」とか「私にはなんにも取り柄がないから、専門知識がないから」とか。そういうのもすべて冒頭の「初心者ブロガーを脅しつける罠」にはまってるだけですから大丈夫です。ただ、意識するのは自分の頭に「感受性のアンテナ」を立てることだけ。

感受性のアンテナの使い方

世の中にはたくさんのヒト、モノがあふれています。それに影響を受けながら生きているのが人間です。影響を受けるというのは感じるということです。毎日の生活で「何を感じたのか」を大事にするのがブログの第一歩だと思います。

身の回りの何かの影響を受けて「楽しかった、美味しかった、興味が湧いた、嬉しかった、悲しかった、辛かった、へこんだ」がブログのタネになります。まずその影響を受けるために外の世界から受信するアンテナ、つまり感受性のアンテナをぴーんと伸ばすことが何よりも大事です。いいタネ落ちてないかな、ピピピ。

今日一日なにも考えることがなかった。ではさすがにブログって書きにくいですし。

さて、感受性のアンテナがビビビと受信したとします。タネをゲットです。次はそのタネをネタにするべく自分の中で記事にしてきましょう。

タネをネタにするのがブログを記事にすること

タネを文章にしていくのが一番難しいことなのかもしれません。でもそれこそがブログのオリジナリティを発揮する部分。でも難しい技術とかはいりません。ただ、「そのタネを記事にしようと思ったか」を考えたり、説明したり他の情報とくっつけたりしていくことが「タネに栄養を与えてネタ=記事に昇華する」ことになります。

たとえばその栄養の与え方。

  • 5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように」
  • もっと詳しく調べてみる
  • 似てるものを探す
  • 逆の意見を探す
  • これまでの自分の体験にないか考えてみる

こうやってタネに肥料を与えて記事を育ってていってみましょう。

最初から美しい文章なんて作れないし、こうやって偉そうに書いてる僕ですら昨日でっかい字で誤字をやったばかり。でも失敗ではないし、それはそれでいいんです。どんな文章を書くのが苦手な人も書いていると絶対にうまくなります。

僕だって最初は100文字くらい書くのに10分以上かかってました。頭のなかで文章がまとまらないし指が動かないんです。でも書いてるうちに絶対に動くようになるので、少しでもいいから始めてみましょう。

さて、そのフィルターを通したらタネは記事に昇華して世界に飛んでいきます。それは世界の裏までインターネットに乗っかって行きます。それって凄いことだと思いませんか?一行の短文でもつまらないと思ったことでもきちんと飛んで行くんですよ!

そしてこの記事がその【凄いこと】をする背中をポンと押せていたらいいなぁ。

さいごに

月間に何十万のPV(ページビュー)があるブログも、ウチのような小さなブログもやってることは一緒です。「伝えたい事があるので伝えたい事を発信してる」こと。

それが長文だから正解とか短文だから間違いとかそんなことはないと思います。伝えたい事があれば是非ブログを書いてみましょう。きっと楽しいことが待ってると思います。

 追伸
べつにやりたくない人に「ブログ書け」と言ってるわけじゃありません。やってみようかな、難しいのかな、と大縄跳びに入れない子供のようになってしまってる人の背中をポンっと押してあげたかっただけ。