読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

医薬分業(門前薬局)ってうまく機能してないよね

☆雑感☆ ☆雑感☆-お役立ち?
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

f:id:masaki709:20150920111730j:plain

まぁハンモックに揺られながらあれやこれや考えてるといつもとは違う考えも出てくるということで。だってほら、ハンモックブロガーですから(笑)すいません、「ハンモックブロガー」で検索したらGoogleさんでてっぺん取ってますwwwわろす。

 

医薬分業って?

昔はちがったよね。

調剤薬局ってありますよね。だいたい病院の横とかにくっついてます。病院で処方箋をもらったら横の病院に行ってお薬出してもらう、という仕組み。昔は病院の中にお薬を置いておく場所があって、支払いをする前に用意しておいてもらってレシート?と一緒に薬をもらって帰るシステムだったのに変わっていったんですよね。

そもそもこの医薬分業制度。

医師と薬剤師の役割を分け薬局と病院の経営を分けることで、不適切薬を排除、過剰投薬等を抑制、二重チェック等の実施で薬物治療が社会と個人にとってより有益になるようにしたのがこの医薬分業の仕組みである。

医薬分業 - Wikipedia

なんのために出来た仕組み?

 病院と薬局がダブルでチェックすることで患者への過剰な薬の処方を防ぐことが出来る、これは確かに間違いない。強い薬を出したら胃薬も一緒に処方できてあれやこれやがっぽり儲ける、みたいな病院が1つ2つ思い出せるから。

でも、それによって薬の処方が減るかもしれないけど小さな病院の横にまでぴったりと寄り添う調剤薬局を見てると「これ建てるほうが高いがな」と思ってしまったりする。

お薬手帳持ってますか?

それに病院に行くときはその病院のカードと一緒に「お薬手帳」を持っていかされます。そこに出してもらった薬の履歴が載っていくわけです。

「お薬手帳」活用のススメ|処方せんをもらったら|日本調剤

そこには「いつどこでどんな薬をもらったか」「アレルギー反応の出る薬はあるか」「どんな治療をしていたか」などが記載されていきます。

そして調剤薬局は近くのかかりつけを作っておきましょう、とかいう。そこで相談すればかかりつけのお医者さんならぬ「かかりつけのお薬屋さん」ができますよ、とか。でもね、調剤薬局って近くの病院にマッチした薬を置く傾向にあるから、ちょっと変わった薬とかの処方箋を持って行ったら「今ない。何日か待て」とか平然と言うわけです。

おまえ~かかりつけの薬屋言うたやろ~」と突っ込みたくなる。

それなら昔ながらのお医者さんと治療の話しながら「こんな薬を出してこんな頻度で飲んで~」って聞いてるほうがよっぽどいいな。お薬手帳に書くだけで数十円の負担金払ってるのも正直どうかなぁと思う。

調剤薬局だって客の奪い合い

さらに調剤薬局も客(患者)の奪い合い。「○○総合病院以外の処方箋でもOK!」「日本中の病院の処方箋で薬出します♡」「なんでも相談してね!」とか書いてある。そしてお店の中に入ると丁寧な応対で処方箋を受け取ると

「○○の治療をなさったんですね?ああでこうでうんぬんかんぬん、具合はいかがですか?」とか言われる。さっきお医者さんで説明したから!!!もうココは薬もらいにきただけ!!

で、お薬を出してきたら立て膝を着いてかしこまり、かごに入れたお薬を指差しながら「こちら、熱を下げる薬でございます」「こちらは包帯でございます」「こちらはとんぷくでございます」「こちらは炎症を抑えるための薬でございます」とかなんとか。

そういう過剰サービスいいから!薬の説明だけでほんといいから。

でもこれがサービスだと思っちゃってる。でも給水器は便利。すぐお薬飲めるから^^これは置いといて欲しいです。

理想の医薬分業ってどこなんだろうね

近所にあってなんでも揃う。いつどこの調剤薬局に行っても同じデータを共有されてて副作用やアレルギーについて理解されてること。実際はこのくらいなんじゃないかな。

と、いつもお薬手帳を忘れていってあとで自分でペタペタ貼り付けてる私(笑)