読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

派遣先の各担当者の事を理解しましょう【人材派遣の話】

☆仕事☆ ☆仕事☆-知識、経験
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

人材派遣は三角形の関係が成り立ちます

 

人材派遣の場合、労働者(スタッフ)と派遣先企業、派遣元(人材派遣会社)とは三角の関係がなりたちます。今日はそんな説明を。

 二重派遣などの違法派遣の問題は下記のような労働者派遣の三角形がきちんと守られていないことから発生することが多いです。

f:id:masaki709:20150915225958j:plain

出典:労働者派遣事業を適正に実施するために(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/haken-shoukai06/dl/manual_all.pdf

この関係はかなり大事。上記三角形ではない状態は違法です。たとえば派遣先企業からさらに別の企業に派遣される二重派遣は賃金の低下などを引き起こしやすくなりますし、派遣と見せかけて対象業務外の仕事をさせることも禁止されています。

 派遣先も責任者を選任しています

さて、今日はその中で今日は派遣先企業が届け出る担当者の話。

業務を行う上で指揮命令を行うのが指揮命令者。派遣元企業との連携や書類上のやりとり、指揮命令者への指導などを行う派遣先責任者、そして苦情処理担当者(これは指揮命令者や派遣先責任者が兼任されるケースが多いです)。

実際の業務としては指揮命令者に言われた仕事を行い、指揮命令者がきちんと人材派遣のシステムを理解して業務を運用させているかを派遣先責任者が監督し、スタッフが抱える苦情などの相談を苦情処理担当者が指揮命令者などと対応する、ということです。

このあたりは契約書類に「就業条件明示書」などという形で記載されているはずです。「いやいや、元からそんな書類がないけど人材派遣で働いてます」というのは困るのできちんと確認しておきましょう。

女性に多いのがセクシャルハラスメントに関するトラブル。一点だけ実際にあった怖いお話を書いておきます。

セクハラももみけそうとした責任者の話

担当した女性スタッフからセクシャルハラスメントにあった、と連絡が入りました。派遣先の飲み会に参加したところ無理やり誘われたといいます。セクハラを行ったのがなんと派遣先責任者。事実を重く見た私の勤めていた派遣会社は、派遣先責任者がセクハラではきちんと対応してもらえないと判断したため、苦情処理担当者と話をしようとしたところ・・・一枚の書類が。

苦情処理担当者を派遣先責任者が兼任する、と。

派遣先企業は完全にこの問題をもみ消すことにしたらしく、セクハラに関するクレームが漏れないように担当者を1人に絞ってきます。それもセクハラ該当者。

結局この事件の収拾はスタッフの引き上げと責任者の上司に直接コンタクトを取ったことで解決しましたが・・・すっきりしない事件になりました。

そういう事があった時のことも考え、契約書類にはきっちり目を通しておくのが大事だと思います。

こんな記事も書いてます!

 

www.nubatamanon.com

www.nubatamanon.com

www.nubatamanon.com