読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

鳥人間コンテストを見に行った時の話

☆雑感☆ ☆雑感☆-思うがまま
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

「鳥人間コンテスト」ではなく「飛べ人間コンテスト」だと思っていたのは数十年前の私。

ok723.hatenablog.com

鳥人間コンテスト。僕が子供の頃からやってる夏の風物詩で、最近は飛ぶ距離がものすごくなってますね。今回も大記録がでて凄いなあって思いました。

 

今年もなかなか熱かったですね。優勝したチームのパイロット、燃え尽きてましたね^^でもプロペラ部門は飛行機の設計自体は完成された感があって、ドライバーの身体能力というか持久力次第だなと思ったりもして。

 

僕が住んでるのが↑このたっつんさんのブログに載せてる地図でいう「琵琶湖大橋」のあたり。飛ばしてるのが彦根市の松原水泳場。彼らの逆バージョンをやったことがあります。琵琶湖大橋のあたりから松原水泳場まで「自転車」で行ってみましたというやつ。

去年かと思ったら一昨年でしたすいません(笑)この鳥人間コンテストというのは、放映はこの時期(8月末~9月)あたりなんですが、コンテスト自体は夏休みが始まってすぐ、7月の終わり頃に行われています(8月になるとクラゲが出るから。ウソですウソ)おそらく松原水泳場を借り切る関係だと思います。

 

一昨年の日曜日の朝、自転車に乗って鳥人間コンテストを見に行こうと思い立ちます。車で行くと大渋滞で駐車スペースもないし、あっても会場までかなり歩かされることになりますので。その点自転車というのは機動力が最強、渋滞もなんのその、コンビニでもどこでもサッと止められますし。

午前中は自宅でのんびりしてお昼ごろ到着、午後から飛ぶ飛行機でも眺めようと思ってたんですよ。そして予定通り昼前に会場近くのコンビニに到着、お弁当を食べていざコンテスト会場へ。

 

f:id:masaki709:20150902225959j:plain

だーれもいない琵琶湖~♪(字余り)

誰もいません。おかしい。スタート台近くにいた警備員さんに声をかけます。

「あのー飛行機まだ飛ばないの?」

「えっ、競技はもう終了しまして、午後からは表彰式のみになります」

「えええええ」

「表彰式ならあちらのテントあたりで」

「い、いやいいです」

土日でコンテストは開催されるのですが、日曜日の午前中でフライトは終わっちゃうそうなんです。しらなかったー。ということでこんなにスッキリとした滑走台を写真におさめることができました(笑)

鳥人間コンテストを見たい方は土曜日に、もしくは日曜日の午前中。車はかなり混み合うので早めに行ったほうが良いですよ!というお話でした。

ちなみに琵琶湖大橋から松原水泳場までは陸路で片道40キロ、往復80キロくらいです。琵琶湖一周すると約200キロですがスポーツバイクなら1日で一周できますよ(^_-)「ビワイチ」する自転車乗りの方がけっこう多いです。僕も一度やりましたが・・・途中で足が痛くて12時間以上かかりました(笑)