読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

夏の京都。『井戸』も楽しんでみませんか?涼しさたっぷりでオススメです!

☆お気に入り☆ ☆お気に入り☆-場所
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

はじめに

夏の京都は見どころが満載。夏のはじめの祇園祭からお盆の五山の送り火まで観光に来られる方がたくさん。旅行はもちろんですがお盆にお墓参りで京都に入られる方も多いと思います。

せっかく京都に来たんだから、と観光でいろいろ回ってみるのはもちろん楽しいです。でも涼を感じるために貴船や大原など北の方まで足を伸ばしてしまうと行き来の時間が惜しい。

でも京都は感じてみたいという方にちょっとオススメをしてみたいのが『井戸』です。

そもそも京都というのは大阪方面の西部、先ほど書いた貴船や大原などの北部、鴨川を挟んで比叡山や琵琶湖を迎える東部と三方を山に囲まれています。

そのため山で降った水は川を通って南に流れていくとともに地下に入り、京都の真下にある大きな岩盤に沿って地下水として流れていくということです。

そのため、京都には名水と呼ばれる井戸が随所にあります。そしてその最も有名なところが京都市の南部、伏見の地酒のふるさとです。

京都市内にはたくさんのお寺がありますし、ちょっとのぞいてみると井戸があってご近所の方が井戸水を汲んで持ち帰っているのを見かけることもできます。

ここでは「普通の人が普通に立ち寄って口をゆすいだり飲んだりできるおいしい井戸」をいくつかご紹介してみようと思います。京都の中心を「京都御所」に設定して、そこからあまり離れていない名水を載せてみますね。

しかしながら井戸水は生水ですので、もちかえり煮沸して飲む事をオススメします。私は自転車で走って行って水筒に入れてガブガブ飲んでしまっていますが。あくまで自己責任にてお願いします。

京都御所の東隣、梨木神社の名水「染井の水」

京都駅から北に上がると京都御所がありますが、その東側に梨木神社があります。幕末に活躍した三条実万、実美父子を祀る神社としても有名ですが、ここの井戸もまたご近所の方はもちろん、喫茶店や和菓子のお店の方まで汲みに来る有名な井戸です。

 

 

井戸といえども蛇口になっているので(電動モーターが取り付けられています)とても楽です。せっかくなのでお参りをしたあとに是非井戸もお楽しみ下さいね。

日本十大名水の一つ清水寺の「音羽の滝」

京都でも人気のある観光地、清水寺。ここにも美味しい井戸があります。清水寺のある音羽山から出てくる水で、出てくる水を三本の筋に分けて「長寿」「健康」「学問」に効く水だと言われています。

 直接手ですくうことが出来ないので、長い柄のついたひしゃくで落ちてくる水をすくう格好になります。ひしゃくを片付ける所に紫外線殺菌装置が施されているので、衛生面まで考えられている所がいかにも清水寺です。

女人厄除けの神社市比賣神社の天乃真名井(あめのまない)

ここは京都駅からも歩いていける距離にある神社です。歴代の天皇の産湯に使われたとも言われる名水で、お茶や書道の墨を摺る水としての人気が高いです。女性の守り神としての神社としても有名で厄除けや良縁祈願や安産などでの参拝の方も多いです。

 ここもちゃんと蛇口がありますよ。一口飲んで願い事をすると一つだけかなう、なんて言い伝えも有りますので是非どうぞ。京都駅から歩いても20分ほど、駅前のホテルなどに宿泊したなら朝の散歩などにも最適です。

御香宮神社の名水は名前のとおり「御神水」

先ほどもふれましたが京都市南部、伏見は日本酒の産地としても有名です。黄桜や月桂冠、キンシ正宗や宝酒造の「松竹梅」などは全国的にも名前が知られてますよね。これらはすべて伏見の井戸水のおいしさと丹波丹後で作られる伏見の日本酒専用のお米によって作られているのです。

御香宮神社はもともと違う名前の神社だったのですが、井戸を掘った際に湧きでた水の香りがあまりにも良かったことから神社の名前を変えて「御香宮」としたとか。今では日本百名水の一つにも数えられています。

 ここも普通にふらりと立ち寄って飲める井戸です。近くには坂本龍馬で有名な寺田屋や各酒造メーカーのお店など見どころも満載、半日のんびり過ごすのも楽しいです。

番外編 ミステリー感満載の井戸、「鉄輪(かなわ)の井戸」

井戸は生活と密着したものであるがゆえに、井戸の中にはミステリースポットとして伝説が残っているものもあります。その中の一つがこの「鉄輪の井戸」です。

昔、ある女性が夫を愛人に奪われてしまいました。その愛人を奪い返そうと女性は呪い殺す事を考えつきます。毎晩貴船神社に行き呪いの藁人形を打ち付けているうちにあるお告げを受けます。

頭に鉄輪(囲炉裏にヤカンなどをのせるために丸い輪に3~4本くらいの脚がついているもの)を載せ、その脚にろうそくを刺せ、と。

そのお告げどおりに愛人を呪い殺そうとするのですが、逆にその女性が力尽きて死んでしまった場所がこの 井戸の前だったそうです。

その由縁から、縁を切りたい相手にこの井戸の水を飲ませると縁が切れる、という言い伝えになったそうです。が、今は仕切られているのでその井戸水は汲めませんので念のため・・・。ペットボトルの水で代用できる、なんて話がありますのでご参考に?

 

おわりに

最後にすこし夏らしくミステリーな話も混ぜてみました。見どころが多い京都がゆえにあれやこれや見て回るとあっという間に1日は過ぎてしまいます。レンタサイクルなどで計画をしっかり練って行動すると観光タクシーなどよりもはるかに多くの寺院や名所を回ることもできますよ。でも真夏にはちょっと厳しいかも。

京都へお立ち寄りの皆様、こんな京都も是非オススメです。

他にも名水はたくさんありますので色々調べてみてください!