読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

ぽっちゃりママの子供は高い確立でぽっちゃりである

☆雑感☆ ☆雑感☆-お役立ち?
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

タイトルって悩みますねー。

「ふくよかなお母さんの子供はだいたい太っている」でもいいし「ふっくらしているお母さんと一緒に歩いている子供はたいてい肥満児」でもいいんだけど。

ほら、ブログのイメージが崩れるから言葉選びって大事(笑)

f:id:masaki709:20150720174106j:plain

スーパーに行ってきたんです。食料品を買いに。

 

お菓子コーナーにぽっちゃりした4年生くらいの小学生がいたわけです。身長は140センチくらい?体重は…僕と変わらないくらい(60キロ位)。

「あーそんなに太ったら運動するの嫌だろうなぁ、カラダ重いだろうし」とか思ってたのです。それなのにお菓子を選んでいるという。

 

すると買い物カートを押してそのお母さん登場。「ああこの子のお母さんなんだろうな」という見事な体型。「○○ちゃん、行くわよ~早くお菓子選びなさい」「はーい」みたいな会話を繰り広げています。そして気に入ったお菓子を手に取りお母さんのカゴに。

・・・カゴにはコーラが3本。まぁそういうことやな。

 

家人とその件で話をしましたが、太りやすいという遺伝ではなく「食生活」の問題なんだろうというんですよ。親がとめどなく無駄食いする=子供が真似をする、というか。

お父さんが体格がすごく良くて(まぁうまいこと表現したな)子供も肥満化すると思いきや、母親が太っていなければ太っていない子供であることが多い。これは母親がきちんと食生活をセーブ、またはキープしているからじゃないかなと。

「○○ちゃん、お菓子ばっかり食べてるとお父さんのようになっちゃうわよ!!」とか(涙)

親の食生活がそのまま子供には伝わるので、親が乱れた食生活をすると子供がしっかり受け継いでしまうんでしょうね。

アメリカでは太っているビジネスマンは信用されない、とか言いますよね。自分の体調、食事、いろんな事を自己管理できないから太る=ビジネスも自己管理できない、ということで。それに近いのかな。

太るとさまざまな病気になりやすいですし、膝や足腰も故障しやすいです。なにかと不都合なことが多いので体重は増やさないほうがいいと思います。

ましてや自分が太るのは自己責任ですけど、自分の子供が太ってたら運動させるなりのことはしたほうがいいんじゃないかなあ、と考えたのでした。

 

つづく。