読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

蓮如上人の「白骨の御文」を勝手に現代語訳してみた

☆雑感☆ ☆雑感☆-雑学ネタ
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

大人になると会社の関係やもちろん親戚などの葬儀に参列することが増えたりします。浄土真宗のおうちのお通夜とかだと最後にお坊さんが分厚い本をうやうやしく風呂敷から取り出してなんか読むわけです。

なんだか難しい言葉に節のようなものをつけてほにゃほにゃと読むんですが、突然はっきりと「白骨(はっこつ)」と言うので目が覚める(笑)←ほかはあんまり聞こえない。

お経みたいなのにいきなり白骨が、とか言うのびっくりするじゃないですか。で、ちゃんと意味を理解してみようと思ってネットで見てたら・・・難しい。現代語で見てても難しいんだけど、勝手に解釈をした文章にしてみると「意外といいコト言ってるやん」という事に。 

あのね。
人生の移り変わっていくことをじっくりと考えると、生まれてから大人になって死ぬまでの事って幻のようにあっという間だったりするのです。だってこの世に生まれて1万歳も生きた人がいるなんて聞いたことないじゃない?一生なんてあっという間に過ぎていくんですよ。

百歳にもなって元気ピンピンでい続けられる人なんているわけがないでしょ?

死ぬのは自分が先なのか、他の人が先なのか、それも今日なのか明日なのかもわからないし、早く亡くなる人も他の人より長生きする人もいるけど、とりあえず死ぬ人ってものすごくたくさん数えられないくらいいるわけ。

だからもしかしたら朝はピンク色の血色の良い元気な人でも夕方には死んじゃって白骨になっちゃうかもしれないのが人の世の中なわけですよ。

誰にでも来る死というものがいざやってくると、目は二度と開かず呼吸は止まってしまい、ツヤツヤの元気な顔も桃のようなみずみずしさのあるカラダも失ってしまうんです。

そうなってしまえば親兄弟親戚みんながどんなに集まって嘆き悲しんでもどうしようもないのです。弔おうと火葬にしてしまえば白骨になってしまうだけなんです。

そのはかない人の人生は年寄りが先とか若いのが後で死ぬとか決まっていないものだから、どうかみんなも来たるべき死を思うことで今を精一杯生きて欲しいのです。

 

最後は阿弥陀様を信じてお念仏しましょうね、ということで終わるんですけど、この諸行無常、誰にでもいつか来る死というものがすごくヒシヒシと伝わるわけ。ああそうか、人っていつか突然死ぬんだな、じゃあいつ来るかわからないからせめて今を一生懸命生きなくちゃ、って。

よし、今日も生きる。7月9日誕生日を記念して(笑)蓮如上人の「白骨の御文」を勝手に現代語訳してみました。いくつになったかはもう聞かないで(^_-)

クレームは一切お断りw僕の解釈だから。ちなみにうちは浄土宗。

※宗教論争をするつもりはありませんし解釈の違いがあっても当然だと思います。「そりゃ原文で読むのが当たり前だ」とかおっしゃる意見もごもっともです。でもただ「意味が分かりにくい文を惰性で聞かされる」より「聞いている時にああそういえば誰かがこんな意味だったって説明してたな」のほうがいいんじゃないかと思ったのです。「後生の一大事」についても考証はしたつもりですので。

追伸 原文を載せるのを失念しておりました。

それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おおよそ儚きものは、この世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり。

されば、いまだ萬歳の人身をうけたりという事を聞かず。一生すぎやすし。今に至りて誰か百年の形体を保つべきや。我や先、人や先、今日とも知らず、明日とも知らず、遅れ先立つ人は、元のしずく、末の露より繁しと言えり。

されば、朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり。すでに無常の風きたりぬれば、即ち二つの眼たちまちに閉じ、一つの息ながく絶えぬれば、紅顔むなしく変じて、桃李の装いを失いぬるときは、六親眷属あつまりて嘆き悲しめども、さらにその甲斐あるべからず。

さてしもあるべき事ならねばとて、野外に送りて夜半の煙となし果てぬれば、ただ白骨のみぞ残れり。あわれといふも、なかなか疎かなり。されば、人間の儚き事は、老少不定のさかいなれば、誰の人も早く後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏を深く頼み参らせて、念仏申すべきものなり。 あなかしこ、あなかしこ。