読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

そもそも『マナー』ってなんやの

☆雑感☆ ☆雑感☆-雑学ネタ
このブログについて・管理人サキの自己紹介
・プライバシーポリシー、免責事項、著作権について
・問い合わせフォーム
・カテゴリ別の一覧はここから

 

honeysuckle.hatenablog.jp


世のおじさんがすぐ言う「最近の若者はマナーがなってない」ってやつ。
さっき書いた雨蓋を出したり入れたりするのもマナーってやつ。


じゃあそもそも「マナー」ってなんなの、という話。

 

f:id:masaki709:20150427232205j:plain

ぜんまい、とマナー。「ま」しか合ってませんでしたすみません。

 

マナーの定義。

それは「相手に受け入れられやすくするための所作、言葉遣い」だそうです。
そう思うとちょっとマナーの勉強するのもアリだな、と思いません?

 時代とともにマナーも変化してきます。

たとえば「ら抜き言葉」。

「たべられる」を「たべれる」、「出られる」を「出れる」などと「ら」を抜いた言葉です。昔から「公の場で使うのは失礼に当たる」とされてきましたけど、国語審議会ですら過去に「もうそろそろええんちゃうの?」という話になってきてたりしまして。

文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 第20期国語審議会 | 新しい時代に応じた国語施策について(審議経過報告) | I 言葉遣いに関すること

この時には全面的にOKとはいいませんでしたが様子を見ましょう、まで来ました。

 

日本語だって変化しながら今になっているはずなんです。丁寧語も尊敬語もすべて変化しながら今の形。マナーももちろん変わっていくんだと思います。