読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

カメラも大掃除、クリーナーキットを使って掃除してみる(画像つき)

日頃から掃除してるのでよくわかりませんね(笑)

今日は大晦日、住んでいるマンションの掃除は昨日ほぼ終わらせたので、ブログを書いたり本を読んだりして過ごしています。実は午後から新しいレンズが来るので、それまでにカメラの掃除でもしようかとクリーナーキットを出してきました。

そうだ、ついでにカメラの掃除の写真でも撮りましょうかということで。

カメラ用クリーナーキットを使います

僕が持っているのはこれ。と書こうとしたら販売終了していました。一部仕様が変わっているみたいですがこれとほぼ同じですね。

これ、説明書がついているので初心者の方でもOK、ちゃんと日本語でわかりやすく写真つきで説明してあります。

中身は

  • ダストブラシ
  • ブロアー
  • レンズペン
  • マイクロファイバーのクロス
  • 収納ポーチ
  • おまけのクロス1枚

のセットです。簡単な掃除ならこれで全然OKですね。

とりあえず広げてみました。お掃除スタートです。まずは使っているpeak designのカメラクリップなどを外しておきます。これ、ホントいいですよ。

bycamera.hatenablog.com

まずはダストブラシで本体やレンズ外側についたホコリやチリを落としていきます。

ブラシだとこういう細かい部分にも毛が入ってしっかりかき出してくれます。クロスで拭くだけではこういう部分には届かないですからね。

OM-D E-M5 Mark IIは防塵防滴仕様なのでこういう中までホコリなどは入りませんが、SDカードの取り出しなどで開閉しますからね、念入りに掃除しておきます。

いかにもカメラの掃除をしている感がでてくるブロアーです。空気の力でホコリを吹き飛ばすものです。

カメラのレンズ部を下向きにしてプシュプシュ。上向きにやるとホコリが入りますからね。ブロアーの先でカメラをつついたりしないよう少し離して使いましょう。

同じようにレンズもプシュプシュ。レンズはフィルターをつけているので直接汚れることはありませんが、フィルターネジのところにゴミが入ってたりしますから、せっかくなのでキレイにしておきます。

つぎはレンズペン。片側はこういうブラシ状になっているので、レンズ表面を軽く掃くような感じで。見た感じ汚れが付着していないので今回はこれでレンズ掃除はOK。

指で触ったりした汚れが付着していた場合はレンズペンの反対側のキャップを外すとこんな感じのフェルトが付いた丸いものを使います。この丸い部分にはカーボン粉末が付着していて、これで拭いてやることで汚れが削ぎ落とされるようです。レンズ外側に向かって丸く円を描いてやるとキレイに仕上がるそうです。

これでカメラ掃除は完了。カメラクリップなどの付属品を付け直したら完成!

せっかく買ったものだから大事に使わなくちゃ。こまめに掃除してやるのがコツだと思います。

本当に簡単、5分もあればできますのでぜひぜひ。