読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

『答えのない世界』-グローバルリーダーになるための未来への選択 読書レビュー

答えのない世界で大人は子供たちはどう生きていくのか

ひさしぶりのレビュープラスさん献本です。

大前研一さんの本「答えのない世界」。サブタイトルとして「グローバルリーダーになるための未来への選択」というのがついています。

世界中で安定というものが消え去り、まさかの(一部では予測されていたとおり)トランプ大統領がうまれ、イギリスのEU離脱、長期化するさまざまな世界不安などを考えると「答えがない」予測ができない世界、社会になっていることは間違いありません。

昔ならいい大学を出ていい会社にはいれば将来は安泰などというのはすっかり消え去り、いい会社がある日存在すら危ぶまれるような社会。そこで求められる大人のビジネスマン理想像、子供の頃から始まる人材育成の事などを実例を載せながら紹介していく193ページです。

目次と概要

第一章 21世紀に求められる人材

20世紀の雇用モデルでは人も企業も育たない。企業はクラウドソーシングを駆使して仕事を効率化しつつコストは下げる、人材は20代10代のうちからクラウドソーシングで活かされるべき人材を目指す。現在、クラウドソーシングだけで年間2600万円稼ぐ人もいる。

自分を人材という目で見れば「得意分野」が非常に大事。10代のうちから見つけておきたい。学生のうちに行うアルバイトはマニュアル通りにこなすものではなく、自分の学習、成長のために行うものがよい。

20世紀は「ヒト、モノ、カネ」の時代、21世紀は「ヒト、ヒト、ヒト」の時代。有能な人材があつまればモノもカネも集まってくる。

ざっくりまとめると「20世紀枠の人間は21世紀では生きていけない」

第二章 子ども編

21世紀を生き抜くための子供の学び

最新のデータを紐解いてみると子供たちの未来というのは悲観すべき内容になってしまう。

国民一人あたりの豊かさは失われ、人口は減少、高齢化に労働生産性は下がる一方、AIやロボットが高性能化することで人間のポジションはますます減っていく。これからの子供たちが大人になるころに求められるものは現在とはまったく異なる。

生産性の高いビジネスを作り出す能力や大きな変革を作り上げる能力。英語教育は当然のこと、これからは内発的動機づけや自己主導で解法を得る能力、生涯学び続ける意識などが求められる。

国語算数などの教科以上に思考スキルや社会的なスキル、自己管理スキルなどビジネスに役立つような考え方を学ぶことを求められる。

第三章 世界に通用するグローバルリーダーの育成を目指して

日本でもグローバルな人材を育成するために「国際バカロレア」の指定校を200校にするという閣議決定が行われた。

国際バカロレアとは世界中で採用されるグローバルスタンダードの教育プログラム。上位国立大学が着々と採用し、今後は明治大学などの有名私学も参加する予定。

英語力を身につけることでロジックで考えること、国際社会で生きていくならばそれが必須になる。英語学習の方法等についての提言など

感想

ただ学ぶだけでなく、自ら工夫しビジネスを作り上げる能力、学習が求められる。現在のビジネスマンにすら変革は求められる。さて、これを読んで自分の身にどれだけ置き換えられるか、はこれから考えてみたい。

自転車で桜を探す旅。滋賀県南部を走ってきました

雨ニモ負ケズ、パンクニモ負ケズ

朝のトレーニングが終わったらそのままロードバイクで走り出した45歳。まずは草津市の立木神社へ。桜がいっぱいできれいなんだぁ!

川の水と桜って合いますよね。右上に某ブロガーアイコンが見えますがたまたまです。(ただのすべりやすい、の注意標識ですねw)

出発からこの立木神社までたった10キロほど、どうも前輪の空気が少ない。朝ちゃんと適正圧まで入れたのにパンクかよ・・・とほほ。

おいしいランチを食べたいのであんまり手を汚したくない。そうだ、ウチの実家の近くなので実家に立ち寄ろう。

母より「事故とかに気をつけなさいよ」などと注意をされつつ、いくつになっても子供は子供なんだなぁと若干恥ずかしさを覚えながらパンク修理+バナナ補給。

ちょっと長居してしまったのですでに11時30分。お昼ごはんが遅れる!でもここからは快調に飛ばします。そうそう、立木神社に鹿がいました。

長等公園、長等神社

祖父母の家が近くだったのでこのあたりの桜の見事さは子供の頃からしってるやつです。

お花見をしている方がたくさん。お酒飲んで実に楽しそう。自転車は飲酒運転になってしまうのでアルコールは全く口にしてません。

琵琶湖疏水

琵琶湖の水を京都へ運ぶための疎水。ここも桜の名所としてたくさんの人が訪れます。京阪電車の駅が近いので歩いて散策するのにもぴったり。

ほら、ここからトンネルになっていて、山科を抜けて京都に続きます。

この橋からトンネルに続くこの景色、10人以上の観光客がカメラを構えて大激戦。水の両側に桜、くもりで桜の色が綺麗に出ないのが申し訳ないです。

ロードバイクに乗り、ミラーレス一眼を構えて写真を撮る私。外国から来られた方に声をかけられました。

「このロードバイクはいくらぐらいですか」

いやいや桜関係無いし(笑)「コミコミで20万円くらい」と伝えましたが「コミコミ」の意味は伝わったんだろうか・・・

近江神宮

近江神宮の中に桜があったかは定かではないんですが、正面から奥を見るとピンク色の花が綺麗に並んでいます。

近江神宮はかるたで有名ですね。

全国高等学校かるた選手権もここ近江神宮の近江勧学館や県立武道館などを使って行われますし、名人位、クイーン位の決定戦もそうです。

そのへんは『ちはやふる』で一気に有名になって私も嬉しい。でも読みは「ちはやぶる」だからかるた大会の時は気をつけて。

TVアニメ『ちはやふる』 Blu-ray BOX【期間限定版】

TVアニメ『ちはやふる』 Blu-ray BOX【期間限定版】

 

 ここで愛車のご紹介です。

GIANT CONTEND SL1、サドルバッグにORTLIEBのサドルバッグLです。こうやって見るとそれほど大きくないんですが、詰めるとホント色々入るいいやつです。シートポストとサドルで固定することでダンシングしてもバランスが崩れず走りやすいのでオススメ。でも今日は広告とかをはらないやつ。

ランチ アンティーミーバーガー

今日の桜ツアーはこれが目的と言っても過言ではありません。滋賀県で一番美味しいハンバーガー屋さん、アンティーミーバーガーさん。

はじめは車を改造してハンバーガー屋さんをしていたそうですが、今やすっかりお店をドーンと構えてオーナーのトニーさんのように威風堂々。

こうやって写真を撮るといつも思うんです。ああ、食レポってホントみなさん美味しそうに撮るよね、と。これ、めちゃくちゃ美味しいんですけど写真では1/100もお伝えすることができませぬ。

そして数口食べただけでハンバーガーはぐちゃぐちゃ。もうすいませんすいません。黒毛和牛を使ったお肉、シャキシャキのトマト、レタス、土日限定のバンズは特大サイズ。ポテト?ナゲット?とんでもねぇ!そんなものいらねぇ!!!

(アンティーミーさんにもポテトはあります。おいしそうなので次回ポテト食べる)

前回飲み物はDAD'Sのルートビアを頼んだんですが今回はないそうで、A&W。味はこっちのほうがさっぱりしてるような気がする。

オーナーのトニーさんオスス前はパイナップルチーズバーガーもしくはプレミアムパイナップルチーズバーガーなのですが、その違いはトニーさんに聞いて。

おそらく20分くらいハンバーガー講義が始まります(笑)でも好き。

今回私が頼んだのは「プレミアム ビッグ ミー バーガー」。何がいいのと聞かれて「お腹すいたーお腹いっぱいになるやつ」とお願いしたらこれがいいということで。自信を持ってすすめる理由がよくわかり、めちゃくちゃ美味しくてお腹いっぱい。

自転車で一杯走ってはいるけど、このハンバーガーのカロリーを考えるとトントンむしろ栄養とりすぎかもしれない。

日吉大社

お腹いっぱいで元気になって走り出した私が次に目指すのは日吉大社。

入り口に「車進入禁止」とでかでかとあるあたり、自転車を置く場所もなく、奥を覗くとそれほど桜の見どころがないのか観光客もまばら。ほどほどで退散するかな、と。

歴史の授業で「強訴」習いましたよね?ごうそ。

比叡山延暦寺の僧兵がこの日吉神社のお神輿を担いで京都にいき、朝廷や幕府に好き勝手ワガママを繰り広げた(だからそれが強訴)ことをいいます。延暦寺は京都の東北(鬼門)を守る寺として存在しましたが、それ以前に比叡山の地主神である日吉神社が延暦寺の守護神として祀られるようになったらしいです。

このあたりの桜はすでに散り始めていましたね。太陽がよく当たるからでしょうか。

桜ツアーの終わり

最後は琵琶湖大橋を渡って私の住む守山市に。さいごに堅田の浮御堂をチラッと見てきました。行ったことなかったんですよ。

この下にめちゃくちゃ大きいブラックバスがいる、というゲームがたくさんありますが、実際はたいしたことありません。欄干にラインを引っ掛けてルアーをロストするのが関の山、やめておきましょう。

そもそもそんなスペシャルなキャストをしなくても琵琶湖のブラックバスなんて簡単に釣れますから大丈夫です。とか言ってー(最近全然行ってないんですけど)

さて、そんな日曜日を過ごしました。

今回初めてワコールのコンプレッションインナーCW-Xを使ってみましたけど、これメチャクチャいいですね。適度に圧がかかっているのか疲労が軽減されているし、自転車を漕ぐ時に邪魔になりません。生地もさらりとしているし汗もサッと乾くんですよね。

これ、実はもっと早く買っておけばよかったと思ったりして。

今帰宅して着ていたものを全て脱いだんですが、インナーの効果がなくなったからか体中がだるい(笑)疲れていた自分に気がついていなかったのでしょうか。

「明日筋肉痛になるよ」とお友達から言われているので今日は早々に寝ましょうかね。

STRAVAのデータ

f:id:masaki709:20170409175752p:plain

これくらいをのんびり走りながら美味しいものを食べ、きれいな景色を見る。こういうのめっちゃ楽しいです。

NAVERまとめに記事を無断転載されたので削除依頼をかけた(完結編)

真摯な対応にある意味「拍子抜け」した

f:id:masaki709:20170408191512j:plain

さて、昨日NAVERまとめに私の記事の一部が無断転載されているのを発見したため、削除依頼をしたのが昨日のお話。経緯はこの記事に書いてあります。

www.nubatamanon.com

さて、さっそく続編を書くことになりました。ある意味びっくりです。

たった一日で届いたメール

さっそくNAVERまとめヘルプセンターの方(お名前も書いてあります)からメールにて連絡がありました。担当者の名前すら教えずまったく取り合わなかった某アメーバーみたいな名前のブログ会社とは雲泥の差でした。

メールの内容はこんな感じです。真摯な対応だったためメール本文をそのまま転載せず、箇条書きにするのは私なりの対応への感謝です。

  • 権利侵害に対するおわび
  • 今回の件はまとめ記事を非公開にする理由が明らかであるため、NAVERまとめ側で対応して非表示にすることができる
  • 権利侵害している部分についての確認
  • 提示している確認事項に同意した旨返信がほしい
  • 返信が確認できしだいNAVERまとめにて該当記事の非表示を行う

NAVERまとめからの確認事項についてはこんな感じ。

  • 権利侵害されたサイトの所有者であること
  • 法律的に、権利的に許可できないと考えていること
  • 著作権侵害について虚偽などがあった場合、法的に不利な立場になること
  • 今回の削除要請にたいして虚偽がないこと
  • 非表示要請の内容がNAVERまとめの記事作成者に通知されることがあること

これらに対し同意することが求められます。が、今回の件で私に落ち度は全くありませんし、確認事項についても問題がありませんので、同意する旨と私の名前(PNで可能)、申請年月日を返送しました。

 さて、この返送がNAVERまとめに届けば該当記事は削除されると思います。もう少し経緯を待ってみることにしましょう。

なぜ話がすんなり進んだのか

昨日の記事のブックマークコメントにもNAVERまとめの著作権侵害などについての意見はかなりきびしいものがありました。今後の展開が気になるという方や「検索サイトと提携してるので簡単にはいかない」などなど。NAVERまとめ自体に対しても結果的に否定的になるコメントを書かれている方もおられました。

しかし、昨日の記事を書こうと色々調べている中で、NAVERまとめが最近適正な対応をしようとしているのではと感じる部分もありました。

まだ確信ではありませんが、私がプライバシーポリシーに書いているこの部分

当ブログはリンクフリーですが、著作権を放棄するものではありません。

「あれこれやそれこれ」の文章やアイコン等で使用しているフリー素材以外の画像についての著作権はサキ(id:masaki709)にあります。キュレーションサイト含むWEBサイトへの無断転載は一切許可していません。

NAVERまとめにつきましては一切の記事の転載引用一切認めません。

 しかしこの一文、「一切」が多すぎて恥ずかしい(後日直します)

あらかじめ「NAVERまとめには引用、転載を許可しません」という一文を入れてあるかどうかが良かったのかな、と思うところです。この部分は今回の話の続きとしてNAVERまとめ側に投げかけてる部分でもあるので、何かわかればまた追記してみたいと思います。

 完結編

NAVERまとめより再度返信がありました。

該当記事の転載部分については削除したので見てほしいとのことだったので確認し、私の記事が使われたい部分が消されていることを確認しました。

今回、早急に対応いただけた理由を質問していた点については以下のようにお返事を頂いています。原文ままではありませんが。

  • 権利者の負担軽減策として、著作権侵害の申告があった時に「NAVERまとめ」で侵害の可能性があると“みなし”て非表示を行う、『みなし非表示対応』をしていること。
  • ブログなどにある(私がプライバシーポリシーに記載しているような)NAVERまとめへの転載禁止の記載有無に関わらず、同意内容をNAVERまとめが確認でき次第、非表示処理を実施していること

某アメーバーみたいな名前のブログのように「事実関係がゴニョゴニョ」などと屁理屈を並べるのではなく、「侵害の可能性がある」と判断した時点で「みなし非表示」とし、事実確認はあとで行うことでスピーディーさが出ているということですね。

もちろんですが、もし権利侵害がなく私が虚偽の権利侵害をした場合についてはNAVERまとめ記事を書いた作者からの異議申し立てなどがあり、それをNAVERまとめが認めた場合は再度まとめ記事が表示されるということになるようです。

NAVERまとめの権利侵害から解決までのまとめ

ある意味「長期化泥仕合」を予定していたもののNAVERまとめの早急な対応でたった3日で非表示にすることができました。もし今後もなにかあれば気軽に問い合わせしたら良いのだなと考えます。

このたびは、該当まとめの非表示を行うにあたり、
詳細のご教示や確認事項へのご同意など、弊社の手続きに
ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

ご案内は以上でございますが、今後も何かお困りのことがありましたら、
NAVERヘルプセンターまでご相談ください。

よろしくお願いいたします。

対応頂いた方が良かったというよりも、企業体質が変わったのかなと思うところです。 

NAVERまとめに記事を無断転載されたので削除依頼をかけた

面倒なやりとりになると思ったのですが

f:id:masaki709:20170408001931p:plain

1日目

たまたま自分の記事を検索してたら見つけてしまいました。NAVERまとめへの転載。

ご丁寧に私の記事の核心の部分を丁寧にコピペしています。ここまでたどり着くのに私がどれだけ苦労したのかを知らないんだろうけど。

www.nubatamanon.com

当ブログはリンクフリーですが、著作権を放棄するものではありません。

「あれこれやそれこれ」の文章やアイコン等で使用しているフリー素材以外の画像についての著作権はサキ(id:masaki709)にあります。キュレーションサイト含むWEBサイトへの無断転載は一切許可していません。

NAVERまとめにつきましては一切の記事の転載引用一切認めません。

無断転載を発見した場合はプロバイダ責任制限法による著作権侵害とし、発信者情報開示請求による損害賠償請求を行うことがあります。

これまでのたくさんの人の経緯をみているとNAVERまとめにはなかなか苦労させられてますよね。これが今も続いているのか、なんらかの適正化がはかられているのか。

とりあえず該当するまとめにある「この記事に関するお問い合わせ」ボタンをクリック、お問い合わせフォームにかくかくしかじかと書き送ります。

f:id:masaki709:20170408001103p:plain

 要するに

  • NAVERまとめにウチのブログの記事が無断転載されている
  • ウチのブログはキュレーションサイト、特にNAVERまとめへの無断引用、無断転載は一切認めていない
  • さっさと消してね

ということで。とりあえずフォームに書き込んで送信。

いや別にいいんですけど、自分の問い合わせフォームには『弊社、「プライバシーポリシー」をよくお読みになり、ご同意いただいた上でご送信ください。』だって

笑わせる。オマエタチモナー!

送信完了するとすぐに受付完了メールが返ってくる。受付番号を書いた上で

お客さまへの回答をご用意次第、改めてご連絡させていただきます。
ご連絡まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます

尚、状況によりましては、回答のお届けまでしばらくお時間がかかる場合がございます。
予めご了承くださいますようお願いいたします。


※本メールは、自動返答システムからお送りしています。
 このメールに直接ご返信いただきましてもご返答いたしかねますので、
 ご注意くださいますようお願いいたします。

※このメールにお心当たりのない場合は、メールの破棄をお願いいたします。

 はい、とりあえず返事待ち。

以降、何かあれば追記する「さらしな日記」ということで~

続き、書きました!

www.nubatamanon.com

あれれ、予想外の展開!

京都国立博物館の『開館120周年記念特別展覧会 海北友松』は4月11日から!

開館120周年記念特別展覧会 海北友松は絶対に行く!

去年、この京都散歩の時にこの看板を見つけて「絶対に行く!」と誓ったやつです。

www.nubatamanon.com

京都国立博物館が開館120周年を記念した展覧会。

開館120周年記念特別展覧会 海北友松」

期間は2017年4月11日(火)~ 5月21日(日)まで。これ、めちゃくちゃ楽しみだったので、いよいよという感じです。さて、いつ行こうかな。

海北友松って・・・だれ?

うみきたともまつ、って誰?と聞きたくなる人もきっといると思います。うみきたではなく「かいほう」、ともまつではなく「ゆうしょう」と読みます。

かいほう ゆうしょう。

この名前を聞いてパッと「近江」とひらめく人は歴史ファンか信長の野望ファンかもしれません。戦国時代、近江北部の大名浅井家の家臣、海北綱親(かいほうつなちか)の息子が友松です。この綱親は秀吉にまで恐れられた武将で「綱親こそが我が兵法の師である」とまで言わしめたほど。

綱親は信長が小谷城を落とした時に戦死したとされ、その時に友松は禅寺(京都の東福寺)に入り狩野派の絵を学ぶようになったとか。父や兄が死んでいく中一時は海北家の再興も考えたらしいんですが、絵の才能を秀吉に見出されたことで絵師として生きていくことになったのだとか。

最も有名な作品「建仁寺 雲龍図」

これはこの「海北友松展」のパンフレットから拝借してきました。

開館120周年記念特別展覧会 海北友松チラシ

f:id:masaki709:20170407215442p:plain

これは京都建仁寺にある雲龍図の一部。

www.kenninji.jp

ここで全体図を見ることが出来ます。実は僕、建仁寺行ったこと無いんですよ。いつでも行けると思ってたらついつい行きそびれてまして。今回、この海北友松を見る前か後にかならず見に行ってこようと思っています。

今建仁寺にある雲龍図はキャノンの高精細複製技術を使った複製品で、本物はここ、京都国立博物館蔵。そう、この実物をこの海北友松展で見ることが出来るんですよ。それも入れ替えなしで36日間、いつでも見られる!!!ああいつ行こう。出品目録は公式ページにすでに貼ってあったのでもう少し悩むとしましょうか。

出品目録、展示替え表  

竹林七賢図は前期と後期で4幅づつ入れ替え・・・2回行く余裕あるかな

今週末からだったら・・・残念

日曜日の午後、実は一人で京都散策を計画していまして。4月9日の日曜日、午後からは雨が止むみたいなのでカメラを握りしめて京都の桜を見て回ろうかなとか。午前中のうちに止むならロードバイクで京都までひとっ走り、のほうがいいんですけど天気しだいということで。

この展覧会がこの土日から始まるなら先陣つかまつったのに残念でござる!!!!

でも背中や肩の痛みがやっと収まったので「自転車カメラ」今年は楽しみますよ!春はまずこの「開館120周年記念特別展覧会 海北友松」を期待してます。